中国周遊旅行開始!北京散策!

2018年2月20日。
中国周遊旅行1日目。
昨日はトランジット地点・釜山に到着し、観光してきました。

「韓国のマチュピチュ」甘川洞文化村!

今日は釜山を出て北京へ。
ついに4週間の中国周遊旅行が始まります!

釜山を出発!北京へ

朝の5時には空港にいたかったため、なんと4時半に起床
昨日は宿を取っておらずネカフェに泊まったのですが、現地のネカフェの民たちの様子は我々が寝る前と何ら変わらず、皆ギャーギャーワイワイガヤガヤしながらわけのわからんネットゲームをしてました。
世紀末やなこの風景…
少し動画でも撮っておけばよかった。

ゲーム魔神たちを横目にネカフェを後にし、外に出るとちょうど目の前にタクシーが停まっていたのでそいつに乗って空港へ。
無事に5時ちょっと前くらいには到着しました。

5:20くらいまで待ってチェックイン。
こんな超が付く早朝なのに、かなりの行列ですごい時間がかかりました。
チェックインを済ませた後荷物検査を受けて出国審査へ。
寝ぼけた状態であれよあれよという間に手続きが済み、気づいたら搭乗してました。
いよいよ中国一都市目の北京へ!

北京着!ひとまず宿へ

僕らは07:05発の便に乗りました。
8:45着なので100分で着くのかーと思っていたんですが、北京とは時差が1時間あるため100分ではなく160分かかりました。
まあ機内ではずっと寝てたのであんまり関係なかったんですが!

約2時間半後、無事に北京に到着。
ついに大学卒業中華統一旅行が始まります!

入国審査は驚くほど何も聞かれずすんなり通り、荷物を受け取ってATMへ。
1つ試して下ろせなくて、2つ目試してまた下ろせなくて、3つ目も下ろせなくて4つ目でようやく下ろせました。
何がいけなかったのかよくわかりません。
4000元下ろすつもりだったんですが、上限が3000元だったので仕方なく3000元で妥協。
無事にお金も手に入れたし、空港のWiFiがクソすぎて一向に繋がらないため、もう宿に向かうことにしました。

我々は日本から2人で来たのですが、あともう2人既に中国INしており、宿で合流することになっています。
ちなみにそのうちの1人は昨年の夏の東南アジア旅行中に知り合って仲良くなった友達で、もう1人はその友達の友達ということで僕らは初対面です。
北京ではじめましてをして、そのまま一緒に旅行するというかつてない展開。
ワクワクしながら宿に向かいます!

タクシー乗り場の列に並び、あれに乗れと言われたタクシーの運ちゃんにGoogleマップで宿の場所を見せたらどうやら分からなかったらしく、違うおっちゃんのところへ。
そのおっちゃんは少し英語が話せて、お互い拙い英語でやり取りしてようやく宿の場所を分かってくれました。
これで行けると思いきや、料金はなんと350元と言われました。
日本円にして約6000円
2人で割り勘しても3000円。
3000円!?たけえわバカタレ!!
しかし値下げ交渉には一切応じてくれず、空港のタクシーだから仕方ないのかと思い諦めて泣きながら1人3000円払いました。
お金を払うと普通のタクシーではなくミニバンみたいなのに乗せられました。
こんなデカいのじゃなくていいから値段を安くして欲しかった(切実)。
そんなこんなで初っ端からボラれつつも無事空港を脱出し、宿へ。

友達と合流してさっそく観光開始

無事に合流出来るんかな…と少し不安でしたが、宿についてチェックインの手続きをしてたら後ろから先に泊まってた友達がドーーン!と飛びついてきて、簡単に再会できました。
もう1人の初対面の方の友達は、なんと体調を崩して寝てるらしい。
あちゃーー。
はじめましてするのはもう少し先になりそうです。

とりあえず我々後から来た組は昨日シャワーを浴びれなかったので、荷物を置いたあと一目散にシャワーへ。
水圧が弱すぎてびっくりしましたが、なんとか浴びてスッキリしたところで早速観光へ!
寝てる彼は可哀想なので今日は1日寝かせてあげることにして、3人で街に繰り出すことにしました。

宿に併設されてるバー。
ここでまず行き先選び。
頤和園はもう行ったとのことなので、今日は北海公園景山公園あたりを回ることにしました。
行き先も決まったところで、Let’s go!

(ここまで文ばかりですみません…ここからは写真メインです!)

とりあえず腹ごしらえ

宿から飛び出して、まずは北海公園に向かって歩いていきます。
旧正月だからなのか普段からなのかわかりませんが、提灯がたくさん吊るしてあってお祭り気分。

首都なのでもっと高層ビルが立ち並んでて東京とあんまり変わらない景色を想像してたんですが、案外そこまで都会ではなくて中国っぽい建物が並んでます。

腹が減ったので公園に入る前にテキトーな店に入って腹ごしらえ。

メニューはもちろん中国語のみでチンプンカンプンですが、ここは写真つきだったので助かりました。
僕はメニュー左下に見えているラーメン的なものに決定。

さらになんとなくキムチも注文。
中国なのに。昨日本場でキムチ食べたのに。

麺がご到着。
お値段たったの15元、日本円にして大体250円くらい。
めっちゃ安い笑。
安いし中国クオリティなので全然期待はしてなかったんですが、普通に美味しかったです!
日本のラーメンほど味が濃くはありませんが、さっぱり系で食べやすく完食してしまいました。

散歩に最適な北海公園

お腹が満たされたところで北海公園へ!

途中にあった立派な門。
何の建物なのかはわかりません。

ちょっと歩いて入口に到着。
公園と言っても入場料がいります。
まあたったの5元(約85円)なんですが!笑

中に入るとでっかい湖が御出迎え。
湖周りを優雅にお散歩します。

湖の向こう側にはなんか色々建ってます!
あれも北海公園の一部なのかなぁ。

そしてびっくりしたことに、この湖凍ってました!
全部ではなく真ん中の方は凍ってなさそうでしたが、岸の方は氷が張ってました。
体感そんなに寒くは感じなかったのに…びっくりです。

歩いていくと建物が見えてきました。

素晴らしい。
ただ湖の周りに道があるだけでなく、中国感溢れる建物もちゃんとあります。

湖では優雅に鳥がぷかぷか浮いてました。
最近まで卒論に追われてワチャワチャしていたのでこうやってのんびり湖畔を散歩するだけですごく楽しい!

北海公園の湖はかなり大きく、結構歩くとまた別の建物が登場。

立派な建物だなぁ!

中に入ってる人もいました。

橋も発見!
これを渡るとさっきの建物に入れるのかな?

提灯と橋。
写真撮るのが楽しい!

湖がかなり大きくて歩くの結構疲れましたが、とても楽しめました。
これで5元は安い!

景山公園で北京を一望!

北海公園を出たあとは隣の景山公園へ。

ここも入るのにお金がいりましたが、なんとさっきの半額以下の2元!!
これはもうタダと言っても過言ではないです笑。

入ってすぐは至って普通の公園。

景山公園は階段を上った先から見える景色が綺麗ということなので、階段を探しながら歩いていきます。

発見!
早速登っていきます!

結構な距離を登らなければならず、ちょっとしんどかったです。
が!!
上った先からの景色は評判通り素晴らしいものでした!!

どうですかこれ皆さん!
中国来た!!って感じが味わえる景色が見れます!

ただビュースポットは人の数がものすんごく、ほんとに多く、写真の場所取り合戦が壮絶です。

場所取りに負けるとご覧のように木がかぶって微妙な写真に。
日本ならちょっと待ってれば場所を譲ってくれて写真が撮れる…なんて美しい展開があるかもしれませんが、ここは中国。
そんなことを期待して待っていては一生良い写真は撮れません!
郷に入ってはなんとやらということで、我先にと言った感じで場所取り合戦に参加しましょう!

場所を見事取るとこのような素晴らしい風景が見れます。

ちなみにこれはさっきの場所の反対側に回った場所から見える景色です。
こっちサイドは全然人がいないので、落ち着いて景色見たり写真撮ったりできますよ!

写真も撮れたところで人の波を頑張って切り抜けて下に降りました。
すげえ疲れた…やっぱ人混みって抜けた後ドッと疲れが来ます。

故宮に入れず、宿に帰還

降りてからはさっき上から見ていた故宮博物院に行ってみることに!

着きました!
ここも相変わらずすんごい人笑。
正面から写真を撮って、さあ入ろうとしたら警備員の兄ちゃんに止められました。
どうやら「故宮博物院は15時で閉まる」と言ってるらしい。
だからもう入れないよと。

ガーーン。

こんな近くまで行ったのに入れませんでした。
仕方なく故宮を諦めて、天安門広場に行こうかと思いましたが遠くて歩く気が起きず、結局この日は歩いて宿に戻りました。

帰る途中で見れた景色。

韓国と違って晴天なので散策も楽しかったです。

宿に着いてシャワー浴びてちょっと休んだ後、併設のバーで晩御飯。
もちろん中華料理!…ではなく、ビールとピザを頂きました笑。

これがまたすんばらしく美味しかったんです。
おかげでビールをジョッキ2杯も飲んでしまい、疲れた体にアルコール入れたら急激に眠くなって明日以降の話し合いもままならず、もう寝ましょとなって20時くらいには寝ました。

初日が終了。
明日は世界遺産、万里の長城に行きます!

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

↓↓あわせて読んでほしい記事↓↓

The Great Wall!万里の長城!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です