トランジット2時間でブリュッセル観光!

スポンサーリンク




2016年9月18日。
ヨーロッパ周遊旅行33日目。
午前中にケルン大聖堂を拝み、写真を撮ってケバブを食ってロンドン行きの列車に乗り込みました。
途中でブリュッセルにて乗り換えがあるんですが、そこのトランジットが2時間あるため、どうせなら2時間フルで使ってブリュッセルを観光してしまおう!ということで、2時間でブリュッセルを堪能してきました。

ケルン駅でお土産のチョコレートを買って列車に乗り込みました。
ケルンからブリュッセルまでは約2時間。
寝てて気づいたらブリュッセルに着いてて、慌てて列車を降りました。
てっきりブリュッセル中央駅に着くのかと思いきやブリュッセルMidi駅に着いてしまい、電車で中央駅に移動。

中央駅に着いてまずはサンミッシェル大聖堂へ歩いて行きました。
5分くらいで到着!

あいにくの曇り空ですが、立派な大聖堂です!!

賢人の銅像が。

正面からの写真。
なんかノートルダム大聖堂に似てる気が、、、!

彫刻が美しいです。
造りが細かい!
中に入っていきます!

ステンドグラスが綺麗です。

両サイドに賢人たちの石像が。
お邪魔します!

正面から。
この厳かな空気好きです。

サンミッシェル大聖堂はとにかく像がカッコイイです。

ステンドグラスも素晴らしい。
とても綺麗でした!

人も少なくて、ゆっくりまわることができます。

サンミッシェル大聖堂はタダで中に入れるので、是非来たら外観だけでなく中も見学してほしいです!
想像以上に良い場所でした!

大満足して外へ。
出たら入口の階段で学生っぽい人たちが合唱をしてました。
修道士の格好をしたおじさんたちも一緒になって歌ってました。
その歌を聴きながら次の目的地グランプラスの場所を調べて歩き始めました。

外に出ると、なんと晴れてきていました!

やったー!
ノリノリで歩いていくと、途中でチョコレート屋さんを発見。

やはりベルギーと言ったらチョコレート。
店に入ってみるといろんなチョコの試食ができました。
カプチーノチョコレートがめちゃくちゃ美味くて、ついつい買ってしまいました。

満足して店を出て歩いていくと、今度はワッフル屋さんを発見。
なるほどベルギーと言ったらチョコレートの他にワッフルもあった、、、
ということでもちろん購入。

カプチーノも一緒に買ってしまいました。
本場のワッフルは感動するくらい美味しかったです。
コンビニのやっすいやつとはもう次元が違います。
焼きたてワッフル、最高に美味でした。

満足してまた歩き出し、ようやくグランプラスに到着。

ここは広場なんですが、何やらお祭り的なことをしてて盛り上がってました。
皆ビール片手に談笑してて、めちゃくちゃ楽しそうでした。
友達は我慢出来ずにビール買って飲んでました。
広場にはなんとビールミュージアムというのもあって、本当に入りたかったんですが時間が無くて断念。
くっそーーーー!

広場にこんな張り紙が貼ってあるのを発見。
JAPANフェアでもやってるのかな?

広場の周りにはかっこいい雰囲気の建物がたくさん立っていました。
いやーーここでもっと過ごしたかったですね。

悲しくなりながら広場を後にし、小便小僧を拝みに行きました。

発見!
彼の名前はジュリアン君。
服は期間ごとに替わるらしいんですが、なんと僕らが行った日はちょうど日本の服を着てました。

少し小さいですが、それでもここは人気で周りは写真を撮る観光客でいっぱいでした。
僕らもお互い小便ポーズをして写真を撮りあいました。
すると知らない外人のおばさんが絡んできて、何故か僕らに小便小僧の前に並べと言うので言われた通りに並んだら、僕らと小便小僧の写真を撮りだしました。
僕らのカメラでなく自分のカメラで。
え、その写真いる?笑
ジュリアン君が日本の服着てるから日本人をいれて撮りたかったんですかね、、、
よく分かりませんが、おばさんは数枚撮って大笑いして去っていきました。

小便小僧を後にして、もう時間が無いので早足でブリュッセルMidi駅へ。
電車の時間の10分前に着いて、電光掲示板でホームが何番か確認してダッシュで向かいました。
するとユーロスターは今までの列車とは違いセキュリティチェックが。
とりあえずカウンターに行っておばさんにチケットを見せる。
と、おばさんがしかめっ面をして一言。
「too late」

え?

よく見るとチケットに小さくこう書いてありました。
「列車の時間の30分前までにチェックインしてください。」
ただいま出発10分前。
なるほど、それはたしかにtoo late。
泣きたい。
おばさんおっせーわボケ!という顔をしていました。
絶望して死にそうな顔をしていたら、おばさんがほんとは金かかるけどチケットを次の列車のに替えてあげると言って替えてくれました。
神、、、!
感謝感激雨嵐。
ごめんねおばさん、本当にありがとう、、、!
これを持って荷物チェックに進んでというので、言われるがままに進みました。
チェックが終わって待合室的なところに移動し、チケットを確認すると次の列車の時間は19:52。
なんとあと3時間もある、、、
くっそ、こんなことならチケット貰って一旦また街に出ればよかった、、、
チェックインしてセキュリティチェックを受けたらもう外には出れないので、中で3時間潰すハメに。

ロンドンのホテルがチェックイン時間20時までだったのですが、見事に1本遅れたことにより間に合わなくなったのでこの件をどうにかせねばと思い、高いけどケータイでホテルに電話をすることにしました。
しかし電話をして名前とスペルと電車に遅れてチェックイン時間に間に合わないという旨を伝えると、ロンドンに着いてからもう1回かけ直してと言われました。
しかしお金が高いし、22時過ぎ頃に着くとは伝えたのでもういいやろと思って直接行くことにしました。
ケータイ触ったりゲームしたり雑談したりでひたすら時間を潰し、19:52にようやく列車に乗り込み、満を持してロンドンへ。

1時間ちょっとでようやくロンドンに到着。

2年ぶりのロンドン。
懐かしむ暇も無く、すぐにATMでポンドを下ろしてメトロに乗り、ストラトフォード駅へ。
ストラトフォード駅の近くには大型ショッピングセンターがあり、バーガーキングもありました。
無事にチェックインができたらここで祝杯をあげて、できなかったらやけ食いしよう。
そう誓って早足でホテルへ向かって歩きだしました。

歩いて歩いて15分くらい、やっとホテルを発見。
なんと明かりがついてる!
やったーーー!耐えたーー!
インターホンがないのでドアをノック。
しかし誰も出てこない。
もう1度ノックしても出てこない。
郵便受けを除いてHello? Excuse me?と叫ぶ。
出てこない。
終わった、、、
玄関の前で放心してたらうるさかったからか宿泊者のスペイン人がドアを開けてくれました。
状況を説明して、スタッフいないかと尋ねたらいないと。
くっそおおおおおおお!

スペインの宿泊者の方は優しく、そこにスタッフ不在の場合の電話番号が書いてあるから電話してみたら?と教えてくれました。
OKと言って番号をメモって一旦外に出て公衆電話を探し、その番号に掛けてみました。
頼む頼む出てくれ、、、、!
念じながら電話をしたら、ガチャッと出て女の人の声が。
きたああああああ!
必死に英語で今の状況を伝えると、ドアの横にセキュリティコードを入力すると開くボックスがあるから、そこに今から言う番号を入力して中に入ってる鍵を取って中に入れ、と。
OK、OK。中に入った後は?どうすればいいの?
と聞いてもひたすらコードナンバーしか言ってくれず。
仕方ないからとりあえず電話を切ってホテルに戻って言われた通りにボックスに暗証番号を打ち込んで開けてみました。
すると中に鍵が2つ。
玄関の鍵と、おそらく部屋の鍵。
そういうことか!耐えた!!
野宿を覚悟しましたが、どうにかホテルに入ることが出来ました、、、

部屋の鍵に7と書いてあるので、7番の部屋に行って鍵を開けて中へ、、、入ると絶望しました。
シングルベッド3つで予約したのに、何故かシングルベッド1つしかない。
ソファーもカーペットもない。
オワタ、、、なんでや、、、
その日はもう仕方が無いので、ジャンケンして勝った2人はベッドで、負けた1人は床で寝ることにしました。
僕は幸い勝ったのでベッドになったのですが、ベッド組も男2人でシングルベッドだし、さすがに床で寝るやつが可哀想なので掛け布団を与えたおかげで布団が無くめちゃくちゃ寒いし、つらかったです。
おまけにトイレは汚い、シャワーはチョロチョロしか出ず冷水と熱湯が繰り返される、ベッドをよくよくみたら毛だらけでもう最悪。
ここは4泊分予約してたんですがこんなところで4泊も耐えられないのでキャンセル料を払ってでも明日からは違うホテルに移動しようということになり、とりあえず明日分のロンドン市内のドミトリーを探して予約して、涙目になりながら眠りました。

長かった33日目が終了。
明日は1日ロンドン観光です!

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です