綺麗すぎる!ローズバレーのサンセット!

2018年10月5日。
トルコ旅行1日目。
昨日の夜日本を出て、今朝カッパドキアに到着。
迎えに来てくれたガイドさんのオフィスに行き、3.5日間のツアープランを練りました。

絶景の宝庫・カッパドキアへ!

ということでようやくカッパドキア観光開始!
今日は主にブルーツアーの見どころを回る!らしいです!

観光開始!まずは燃料補給

オフィスを10時38分に出ました。
日記に分単位でメモってある自分に軽く引きました。
車に僕と友達と、ガイドさんとドライバーが乗り込み、4人でプライベートツアーに出発。
まずはどこに連れてってくれるのかなーと思いながら乗っていると、ここで降ろされました。

EFENDI WINE HOUSE

ワインハウス!?
なるほど…観光前に1杯燃料を入れようぜ!ってことか。
その考え、嫌いじゃない!!

ということで、言われるがままワケもわからずワインを試飲。
なんと3杯もくれて、お腹も減ってたので直ぐに酔ってしまいました。
ボトル1本どうだ?と勧められたけどさすがに買わず、11時くらいにワインセラーを出発。

URGUPで街並みを一望

ほろ酔い状態で次に向かったのはURGUPという場所。
車を置いて少し歩いて坂を上ったところにある建物の上から、ギョレメの街並みを一望できるスポット。

建物の上にはトルコの国旗がはためいています。

そしてこれが上から見える景色!

おおーーー。
オレンジ色の屋根。
奥に広がる山々。
都会ではなく、田舎すぎるわけでもなく、良い景色!

建物の中も見学が出来ます。

床には絨毯が敷いてあって、ソファには座布団もあって。
めっちゃ生活感あるな!

倉庫?物置?的な空間もありました。

洞窟の中の家。
暑さや寒さはどうやって凌ぐんだろう?

家の中見学も終わり、屋根の上からまた写真を撮っていると、
ここからの景色なんてまだまだだよ。
とガイドさん。
なぬっ!?
これはまだ序の口ということか…ここから絶景尽くしということですね!

ということで坂を下りて車に戻り、次のスポットへ。

洞窟の教会!

次はオフィスで見たマップには載っていなかった、PANCARLIK KILISE CHURCHという場所へ。

到着!
建物が消えて自然の景色!

CHURCHと言うから教会なのかと思ったけど、それっぽい建物無いじゃん!

と思ったらトルコの国旗を発見。

はい、そうです。
あれがCHURCHです。
マジか!すげえなトルコ。
ということで、えっこらよっこら歩いてチャーチを見に行きます。

中はこんな感じ。
確かに、宗教の匂いを感じます。

壁や天井には壁画が描かれていました。
僕はこういった古い遺跡に描かれた壁画やら彫刻やらを、
「誰がいつどんな思いで描いたんだろう」
と思いながらポケーっと眺めるのが好きなんです笑。

ここでもしばらくポケーっと眺めてから、ガイドさんオススメのフォトスポットがあるとの事だったのでそこに行ってみました。
行ってみると窓の開いた洞窟?穴ぼこ?に到着。

ここはこう座って撮るんだぜとガイドさん。
めっちゃ絵になるやん!

ここもイイネ!

僕も撮ってもらいました。
大の男3人がキャッキャウフフと自撮りをし合い、お互い撮り終えたところで我に返り、次へ。

「ここは普通は来ないけど、プライベートツアーだから特別に連れてきたんだぜ!」
とガイドさん。
ありがとう!良かったよここ!

絶景・ORTAHISAR!

さて、車に戻ってきて乗り込み、次のスポットに向かいます。
車内ではさっきのワインセラーでガイドさんが買ったワインを開け、なんと車内で宴会が始まりました。
ドライバーのイケメンおっちゃんは
「俺も飲みたい!ズルいぞお前らだけ!」
とはならず
「いいよいいよ、飲め飲め!」
と。
くーーっ!顔だけでなく心までイケメンでした。

こうして酒を飲みながら向かった次のスポットがコチラ。

ORTAHISARという場所です。
うおー!これはすげえ!

アップで撮ってみると、家がワチャワチャ建っているのがよく見えます。
いいねえこの景色。
今まで行ったヨーロッパやアジアの国とは全然違う雰囲気!

ちなみに街から少し離れたところはこんな感じ。
カッパドキア、自然多し!

ベンチに座ってキメる友達と

ガイドさん笑。
この人頼んでないのにこのポーズし出すから笑える笑。

人気スポット、ラクダ岩

さて、綺麗な街並みを拝んだところで次へ。
やってきたのはこちら!

でーーーん。
皆さん、これが何に見えますか?
…そーうです!ラクダです!
こいつはカッパドキア名物、ラクダ岩です!

ちなみに辺り一面こんな感じ。
奇岩が並んでいます。

道路には何台か車やバスが泊まっていて、皆ラクダ岩を眺めてました。

たしかに、辺りにいっぱい岩あるのにラクダに見えるのこいつだけだもんなー。
ラクダは楽だなー。

はい!かの有名な(?)ラクダ岩も拝めたところで次!!

ランチはもちろんケバブ

次は何かと言いますと、ランチタイムです。
Avanosという町に行き、ガイドさん行きつけのケバブ屋へ。
よく分からんのでガイドさんと同じやつを注文。

こいつです。
さすが本場。美味し!!
辛いソースをかけて食べるとまた美味し!!
1つ12リラでした。
1リラ大体21円なので、約250円?
安し!!

そしてこちら、オススメのヨーグルトドリンク
これはいくらか忘れましたが、美味し!!でした。
腹が満たされたところで、はい、次ーー!

陶器工房を見学

次はカッパドキア名物?トルコ名物?の陶器の工房へ。
ガイドさんの昔からの友人がいる所に連れて行ってもらい、無料で見学。
僕が首からカメラをぶら下げているのを見て
「写真撮っていいよ」
と言ってくれたので撮りました。

音楽を聴いて集中しながら、陶器に模様を描く職人。

これを一つ一つ描いてるのかと思うと、凄すぎますね(語彙力)。
模様超細かいんですよ!!

あまりジロジロと見ても気が散ってしまうと思うので、この辺にして商品が並べられてるコーナーへ。

と、いきなりデカいの登場!
お洒落な模様!
でもデカすぎて用途が思いつかない。

お皿がたくさん並べられていました。
これ全部、あの職人さんたちの手描きなんだよなー。
そう思うと1つ欲しくなります。

グラスもありました。

おそらく皆さん気になるであろう、真ん中に穴が空いてるアレは何かと聞いてみると、"ワインを注ぐやつ"だそうです。
何それ、超お洒落じゃん。
超お洒落じゃん!!
ここから心の中で葛藤が始まりました。
欲しい…超欲しい!
トルコなんて次いつ来れるか…そもそもまた来れるのか分からんし。
いやでも、さっきツアー代で鬼のように金使っちゃったし。
いやでも…

…やめました。
くーーっ!欲しかったあれ!

お皿を眺めて、記念に小さい安いやつを買って、退散。
15時半に陶器工房を出ました。

一旦ホテルで一休み

16時に一旦宿に行き、チェックイン。
したんですが、まさかのダブルベッド
いやいやいや、待って待って。
ツインで予約したやん!!と抗議。
さすがに3泊男友達とダブルベッドはしんどいぞ!?
必死さが伝わったのか、分かった悪かったと言ってツインに変えてくれました。
耐えたーーーー。

宿からの景色。
朝になると、気球がそこら中で飛んでるのが見えるらしい。
素晴らしい街だなカッパドキアは!!

回復してバギーツアーへ!

16時50分まで休憩した後、迎えに来たガイドさんのバギーに乗ってまたオフィスへ。
次はバギー乗り回しツアーです!
オフィスでヘルメット借りて、砂埃凄いからと言ってマスクもくれて、重装備でバギーツアー開始!

バキーはハンドル重くて最初は運転するの難しかったですが、直ぐに慣れました。
途中から団体客に合流し、団体のケツに付いてキノコ岩までドライブ。

ご覧の通り、バギー凄い数です。

デカい岩!
バギー乗り回すの最高に楽しい!
ふぉー!と叫びながら運転します。

そしてデカいキノコ(?)岩に到着。
ここで一旦休憩です。

皆バギーを停めて記念撮影大会開始。

なんと馬に乗ってる人もいました。
馬、いいなー。
てかこの写真めっちゃカッコイイ。

ローズバレーで感動のサンセット

しばらくしてキノコ岩を出発し、本日最後のスポット、ローズバレーへ。
少し走ったら到着。

次々と来るバギー。
バギーを鬼の縦列駐車して、ローズバレーと夕陽を見に行きます。

ここにも馬で来てる人が!
馬、絵になるなー。

丘に登るとこいつが現れました。
これが自然にできるってどういうこと??
凄いなカッパドキアは。

そして後ろにでっかい岩!
こいつが夕日に染まってピンクになるそうです。
もう今の時点で結構綺麗!

日がだんだん落ちてきたので、夕日と友人をパシャリ。

僕と夕日。
太陽デカくない!?

ここで見た夕日は最高でした。
小さな悩みなんて一瞬で吹き飛ぶくらい。
素晴らしいサンセットを拝めました。
bravo!ローズバレー!

後ろはこんな感じ。
ほんとに岩がピンクに染まってました。
綺麗すぎて泣きそうになりました。

本日のディナー

日が暮れるまで見た後、バギーに乗ってオフィスへ。
今日は観光はこれにておしまいなので、近くのレストランに行ってディナータイム。

賑わってるレストランを選びました。

キッチンでは何人ものシェフが調理してます。
さてさて、何を頼もうかな。

まずは200円の激安サラダ。

さらに名前から絶対美味いと思ったチーズマッシュルーム。

そしてカッパドキア名物壺ケバブ

更になんとケバブ盛り合わせ!
頼みすぎて腹がパンパンになりましたが、全てが美味でした。
これだけ頼んで1人1800円くらい。
安い!いや普通か?

満足してレストランを出て、途中売店に寄って水を購入し、宿に帰還。
力尽きそうな中シャワーを浴びて、充電類をセッティングして、ようやくベッドにダイブ出来ました。

↓↓あわせて読んでほしい記事↓↓

絶景尽くし!カッパドキアのValleyツアー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です