中国と言えば!?ジャイアントパンダ繁殖研究基地!

スポンサーリンク




2018年2月27日。
中国周遊旅行8日目。
今日は成都にて中国の代名詞・ジャイアントパンダを拝みに行き、夜は中華料理を堪能します!

昨日の夜は2時くらいまでずっと中国のリサーチをしていたため、今朝は9時半くらいまで爆睡をかましてました。
起きてまたリサーチ開始。
我々はビザを取り忘れたせいで15日以内に1度香港に逃げなければならないため、香港とマカオのリサーチをしてました。
けどやっぱ中国に比べたら物価高いなー。
何故ビザの存在にもっと早く気づかなかったのか、、、悔やまれる。

最近ずっと朝早かったのでこの日は12時くらいまでゴロゴロしてました。
12時過ぎて、ようやく4人とも起き上がって下に朝御飯?昼御飯?を食べに行きました。

しかしほんまにこの宿はお洒落やなー。
フロントの人も英語喋れるし、非の打ち所がない!

料理を待っている間ビリヤードをしようとしてたら、1人の中国人男性が勝負を仕掛けてきました。
突如友達と中国人男性とのビリヤード勝負が勃発!

構えてるのが中国人男性です。
この構えから分かるように、彼はなかなかの猛者で友達は2戦2敗してました。
ビリヤード美味い人ってカッコいいよなー。
俺も練習しようかな。超初心者だけど!

ビリヤード勝負見てたらご飯が到着。

名前のわからない野菜と肉の炒め物的なものを頼んだんですが、これがまた素晴らしく美味しかったです。
どう味付けしたらこうなるのか、是非とも教えてほしい!

飯を食ってまた少し食休みして、14時過ぎくらいからようやく意を決して外へ。

昨日は曇天だったけど今日は晴れてます。
ツキが回ってきた!

タクシーを捕まえて乗り込み、向かったのがこちら。

そうです!
中国に来たら1度は見たい、見なければならない、ジャイアントパンダが見れる場所!
動物園ではなく、繁殖研究基地だそうです。
パンダなん上野に行けば見れるじゃんと思う方もいるかもしれませんが、ここには1頭や2頭どころではなく大量にパンダさんがいらっしゃるのです。
パンダ好きの方が来たら悶絶するでしょうねぇ!

入場料は58元。
だから1000円くらい?
どうなんかな、、、高いんか安いんかよーわからん微妙な値段設定。

入場するとすぐ横にパンダの絵が。
皆中国っぽい服を着て楽しそうに笑ってらっしゃいます。

と思ったら3次元にもパンダが!
もののけ姫のこだまの如くあちこちで小さいパンダが必死に木にしがみついてました。

全体の地図です。
結構、というかかなり広い!
ジャイアントパンダだけでなくレッサーパンダもいるそうですね。

木の上のパンダも優しく微笑んで我々を迎えてくれています!

入口の近くは例によって提灯祭り。
そしてご覧の通りすごい人です。

モノホンのパンダを求めて園内をひた歩く。
しかし歩けど歩けど「パンダはあっちだよ!」って看板ばかりで一向に巡り会えない、、、
木の上のパンダはそこら中にいるけど、本物全然おらんやん!と思いつつも歩き続けると、だーいぶ行ったところでよーうやく本物のパンダと御対面!!

いましたパンダ!パンダです!

案外元気で、ひたすらムシャムシャとバンブーを喰らっていました。
1頭見つけてからはボンボンパンダが見つかりました。

彼もまたバンブーに夢中。
パンダってこんなに大食いキャラだっけ?

全然関係ありませんが、園内には鳩や雀と同じノリで普通に孔雀がいました。
孔雀ですよ!?
皆びっくりして写真を撮ってました。

そしてまたパンダ。
こいつもひたすらバンブームシャムシャパンダ。
皆面白いくらい必死にバンブーにかぶりついてます。

そしてなんと、子パンダもいました!

可愛い、、、!
子パンダめっちゃ可愛い!
こんな何頭も子パンダ見れるとこそうそうないですよね!?

ほらもうめっさ可愛い、、、
皆団子になってて何頭いるんかわからん。

こっちの子パンダは大きいの同様バンブーカジリパンダでした。
必死こいてバンブーにかみつく姿、たまりません、、、!

続いてレッサーパンダ。
こいつらもまた小さくて可愛いです!

レッサーパンダコーナーはなんと柵に穴があいてて、抜け出したレッサーパンダが我々の目の前をヨチヨチ歩いてて可愛すぎて悶絶しました。

一通りパンダを見終わって、再び出口に向かって長い道のりを歩きます。

竹と提灯と僧侶(?)。
なかなか中国っぽい写真!

巨大パンダ人形が並ぶゾーン。

パンダ頑張って崖登るゾーン。

パンダに満足して出口から退場し、次に移動しようとタクシーを探してたら出口付近でパイン売ってるオバチャンを見つけてすかさず購入。

中国は至る所でオジサンオバサンがパイン売ってます。
冷えてませんでしたが、なかなか美味でした!

パインを食った後は次の目的地、錦里歩行街へ。
パンダのとこからは結構距離がありました。
到着して入口に向かうと、近くにこの文字が!

「三国聖地」
ははーん。三国志の聖地か!
これは三国志好きには堪らんだろうなぁ。
己の無知を恥じながらそこを素通りし、錦里歩行街へ。
行こうとしたんですが!なんと入場料がかかることが発覚!
ええー!歩行街歩くだけなんだからええやん別にーー。
まあたかが600円なんですが。
たかが600円、されど600円。
歩行街ごときに600円も払えんわという結論に至り、散歩しつつリサーチ中見つけた美味いと評判の肉まん屋に歩いて向かいました。

ワンチャン出口からシレッと入れんかなと思いましたが、ガッツリ警備員でガードされてて断念。
いいさ!浮いた600円で美味い肉まん食ってやる!

向かってる途中、面白そうなものを発見。

このいかにも面白そうな写真たち。
食べると鼻や口から白い煙が出るオモシロお菓子でした。
4元と激安価格だったので4人で1つ購入。

これです。
見た目アイスの実みたい。
すごい冷たそうだけど、食べてみると案外大丈夫でした。
そして噛むと煙が口の中に充満し、鼻でフンっと吐くと白い煙がモワモワー!っと。
面白かったです!
ただ味は超薄味でした笑。

また歩いていくと今度は肉まん屋を発見。

うんまそうだなーー。
これから肉まん食べに行くのに、肉まん屋に向かう途中で肉まんをつまみ食いってどうなんだ?と思いましたが、よくよく考えたら我々中国に来てまだ肉まん食ってない。
本場の味を確かめとかないと、これから行く店がほんとに美味いのかわからんやん!とどうにか理由をこじつけて買ってみました。

1個3元。
やっっっす!笑
日本のコンビニの肉まんより安いのに、コンビニのより全然美味しかったです。
屋台で売ってるのでこんだけ美味いんだったら、これから行く店の肉まんは果たしてどんだけ美味いんや、、、

つまみ食いはこの辺にして、歩いて肉まん屋を目指します。

成都の風景。
高層ビルが立ち並び、結構都会です。

かなり歩いて、ようやく目的地に到着!

なんたら無名包子。
さすが人気店、店内は客でいっぱいです!

メニュー。
肉まん以外も充実しております。

店内はいっぱいだったので、とりあえず店先で売ってる肉まんを食べてみることに。

うっほーーー!
絶景。
肉まん以外にも小籠包も売ってらしたのでそちらも購入。

こちら肉まん。
評判通り非常に美味!
やはり屋台のものより美味いですね!

あんまんも購入。
こしあん好きの僕にはたまりませんでした。
今写真を見返してもヨダレが出てくる、、、

さらに写真は撮ってませんが小籠包も美味しかったです。
小籠包はなんと1つ1元!
安すぎ!
ここは当たりだとわかり、店内に入って本格的に飯を頂くことにしました。

僕は坦々麺。
これがねー。また最高でしたね。
最初は大を頼んで友達と2人で分けて食べたんですが、うますぎて気づいたら僕一人で小をお代わりしてました。
本場の汁なし坦々麺、最高じゃ!!

肉まんと小籠包、坦々麺で腹がパンパンになったところで、僕は先日無くしたイヤーピースを、友達は歩きやすい運動靴を求めて百貨店に繰り出しました。

ショッピングモールが並ぶエリア。
夜景が綺麗で、カメラ隊が3脚やらドローンやらを持ち出して撮影チャレンジしましたが大した写真は撮れませんでした。
技術不足、、、

何個か店を回りましたが結局イヤホンも靴も見つからず、諦めて宿に戻り、荒野行動をした後ビリヤード。
エイトボールを何回かやって全然上達しないまま0時を回ってしまったので仕方なく退散し、ベッドに寝っ転がりながら明日のリサーチをしていたら知らぬ間に寝落ちしてました。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です