世界遺産・都江堰&青城山!

2018年2月28日。
中国周遊旅行9日目。
昨日は成都にてジャイアントパンダ繁殖研究基地に行ってきました。

中国と言えば!?ジャイアントパンダ繁殖研究基地!

今日は成都から日帰りで行ける世界遺産、都江堰青城山を見に行きたいと思います!

まずは都江堰へ

朝8時からセットしておいたアラームが鳴り始めて8時20分くらいに起床。
起きてくっさいくさい靴下とパンツを鬼の勢いで手洗いして干して、準備をしてから下に降りて朝御飯。
今日はフレンチトーストにしてみました。

スクランブルエッグとベーコンもついてきて素晴らしく美味でした。
腹ごしらえも済んだところで10時くらいに宿を出て、いざ都江堰へ!

都江堰まではタクシーを拾って向かいました。
高速道路を使って1時間ちょっとくらいで到着!

うおー!なんかカッコイイ建物がある!
天気も良いし、今日は良い1日になりそうや!

しかし都江堰、入場には90元かかるとのこと。
迷ったんですが、青城山もたしかそのくらいかかるので入るのはどちらか一方にしようということで都江堰入場は断念。
くっそ…九寨溝の往復移動費があれば入れたのに…

ということで、我々はこのやたらかっこいい橋の向こう側をちょこちょこっと観光して青城山に向かいたいと思います。

橋からの景色。
残念ながら川はあんまり綺麗じゃない笑。

しかしこの橋のデザインはとても綺麗です。
中華を感じさせる装飾。
写真撮るのが楽しい!

川は汚いですが、川岸の景色は良い感じ!

写真を撮りながら橋を渡ってると、前方に見るからにやっすいミッキーの着ぐるみと孫悟空(?)らしき猿の着ぐるみを身にまとった2人組がいました。
出た出た、海外によくいるやつ。
旅行者に近づいて一緒に記念撮影を撮ったあと、金を要求するパターンやろ!
引っかからんからな俺は!
余裕の笑みを浮かべてそいつらを回避。
したと思ったら、後から歩いてきた友達はちゃんとそいつらと写真を撮り、ちゃんと金を要求されて泣きながら払ってました。
おーーーーーーい!笑
皆さん、海外旅行の際には是非とも気をつけましょう…

無料エリアを観光

橋を渡った先は観光地化しており、いろんな店が並んでいました。
中でも衝撃を受けたのがこれ!

なんじゃこりゃ!
牛?なのか?バラバラにされて吊るし上げられて可哀想に…
せめて美味しく食ってあげよう!と思いましたがあんまり腹減ってないのでやめました。

こんな感じで、服屋から牛屋、飯屋などいろんな店が並んでます。

中にはこんな美しい店も。
いちごです!
中国ではよくこんな感じでいちごをたくさんカゴに入れて売っている店をよく見かけました。
そのいちごがまた安くて美味いんです。
この日もたしか4人で割り勘で買って、いちごをつまみながら観光しました。

中にはこんな通りも。
提灯ロードです。
提灯が吊るしてあるとお祭り気分になって楽しいです。

この辺は雰囲気が日本の妻籠馬籠に似てる気がしました。
雑貨屋もいくつかあったので、お土産探しにもいいかもしれないです!

なんとなく坂を上り、なんとなく階段を上がった先から見えた景色。
結構大きな寺です。
さっきの橋もそうだったけど、青色の装飾が綺麗。

友達はこの辺で愛用ドローン「フライちゃん」を飛ばして空撮をしてました。
結構綺麗な写真が撮れてて非常に羨ましかったです。
いいなぁフライちゃん!俺も欲しいなぁフライちゃん!

フライちゃんによる空撮を終えてから、歩いてきた道を戻ってバス乗り場に向かいます。

有料エリアには入場しませんでしたが、無料で歩き回れるところもいろんな店があって案外歩いてるだけで楽しかったです。
でも次行く時はやっぱり有料エリアにも入ってみたいなぁ。
入ったことある方おられましたら是非感想を聞かせてください!

青城山に移動してランチタイム

バス乗り場に到着し、その辺のおじさんにどのバスに乗ればよいか聞いて教えて貰った101番のバスに乗車。
お次は青城山を目指します!

都江堰→青城山のバスはなんとたったの2元
34円。
やっっっっす!笑
2元バスに揺られ、ウトウトしてるうちに青城山に到着。
降ろされた場所から山の麓まで連絡バスで移動し、そこから入口まで歩いて向かいます。

入口まではこのように整備された普通のアスファルトの道。
都江堰と比べて人が少ない気がします。

雰囲気ある門をくぐって更に進みます。

これまた雰囲気ある建物。
飯屋らしいです。

そしてそのすぐ近くに入口を発見!
青城山の文字もその上の装飾もかっけえ!

チケットオフィスで90元もするお高いチケットを買った後、さっきのシャレオツ飯屋でランチタイム。
歩き回って腹が減っていたので、4人で回鍋肉と卵とトマトの炒め物と桶に入った白米を注文!

回鍋肉。

卵とトマトの炒め物。
どっちも死ぬほど美味くてびっくらたまげました!
白米が鬼の勢いで進みました。

いざ、青城山を観光

エネルギー補給も済み、さっき買ったチケットを握りしめていざ入場!
入ると緑豊かな山風景が待っていました。

石に雲根の文字。
池の名前かな?

橋にも名前が。
読めませんが笑。
草が生い茂ってていとをかし。

上には階段で上がっていきます。

水辺の景色が非常に綺麗!
癒されます。

森も静かで落ち着ける雰囲気で、とても良い感じ。
途中椅子に座って笛を吹くおじさんがいて、その笛の音が素晴らしく綺麗で感動しました。
隣でそれと同じ笛を売ってて思わず買いそうになるくらいには綺麗でした。
買っても日本に師匠がいなさそうなので断念…

ロープウェイ乗り場を目指して登っていくと、大きな湖に行き着きました。

写真右側に見えてる建物がロープウェイ乗り場です。

ロープウェイ乗り場に向かって湖沿いを歩いて行きます。

到着!
青城山索道

お値段は片道35元、往復60元
いちいちたけえな青城山!
当然60元も出せないので片道分だけ買って、帰りは歩いて帰ることに。

山の上を上っていくロープウェイでしたが、崋山のロープウェイを経験した我々にしたらなんてことない高さでした。

上に着いて門をくぐり、さらに上を目指して登っていきます。
装飾の絵が可愛い。

途中で青城山記念撮影スポットがありました。
子連れの親御さんは喜んで子どもの記念撮影をしてましたが、小さいお子さんは両脇の孔雀が怖くて逃げ回ってました。

登って登って、上清宮?に到着!

さらに奥に進むと、お寺がありました。

たくさんのロウソク。
ロウソクの色がまたねー、中華の寺っぽい雰囲気を醸し出しています。

更に奥に行くと、おじさんらが笛を吹いて念仏を唱えてました。
神聖な場所です。

旅行者があんまりカメラ持ってウロウロするのもちょっとなと思うほど神聖な雰囲気だったので、ちょちょっと写真を撮って退散。
元来た道を辿って帰路につきます。

ロープウェイで来た道を帰りは足で下って下山。
山って登るのも大変だけど、下る時も膝に負担がかかって大変ですよね…

この後特に予定があるわけでもないので、休み休み写真を撮りつつ、のんびり下山。

青城山はうお!!っと唸るような絶景ポイントはありませんでしたが、こういうちょっとした綺麗な写真が撮れるのでカメラを持ってる人なら楽しめそうな場所だと思いました。
ちなみにフライちゃんで空撮も試みましたが、空撮は大した写真は撮れませんでした笑。

無心で歩いて下り、ロープウェイに乗る前の湖に到着。
歩き回って疲れ果てたので、帰りも10元シャトルバスで駐車場まで移動し、成都行きのバスを見つけて飛びつくように乗車。
都江堰までタクシーでは1人75元だったのに、バスはその3分の1の25元。
やっっす!

成都最後の夜は火鍋

疲れてバスに揺られながらウトウトしていたら成都に到着。

成都駅まで行って明日の成都→重慶行きの列車のチケットを買った後、晩御飯タイム。
今日は宿の近くの火鍋屋へ!
例によって注文が難しかったですが、無事に注文を済ませて待っていたらこんな美しい盛り付けの肉団子が!

いわゆるインスタ映えというやつですね!
やるなぁ中国。

主役の火鍋くん。
見た目通り、ここの火鍋は今までとは比べ物にならないくらい辛くて本当に火が吹けそうでした。

滝のように汗をかきながら、腹がパンパンになるまで火鍋を食べて宿へ帰宅。
今日は成都ラストナイトなので派手に夜遊びしようと思っていたんですが、宿に戻ったらもうそんな気力も失せて疲労に身を任せてベッドに倒れ込み、死んだように眠りにつきました。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

↓↓あわせて読んでほしい記事↓↓

千と千尋の洪崖洞!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です