チェンマイアニマルツアー!

2017年8月29日。
東南アジア周遊旅行21日目。
昨日ナイトメア夜行バスによってラオスからチェンマイにやって来ました。

22時間移動を乗り越えチェンマイに到着!

今日は1日チェンマイのアニマル観光地巡りをします!

本日の作戦会議

「朝8時には起きよう」と昨日の夜話していたのに、気づいたら9時を回ってました。
大学生にとって朝8時はレベルが高かった…
自分らの不甲斐なさに悲しくなりながら起き上がって今日の行き先を検討。

旧市街地とタイガーキングダムで迷いましたが、タイガーに行くことにして宿をチェックアウト。
宿に荷物を置かせてもらって、宿を出てソンテウ(乗合タクシー)を拾ってタイガーキングダムへの値段交渉をしてみると、なんとタイガーキングダムまで行って、待っててくれて、帰りも連れてきてくれるとのこと。
それならタイガーキングダム→スネークファーム→ワットプラタート→宿ならどうかと無茶振りをしてみると、「1人500バーツで行ってやる」、と。
そこをなんとかもうちょい安くしてくれと懇願した結果、1人400バーツに落ち着きました。
ということで、いざソンテウに乗ってタイガーキングダムへ!

タイガーキングダムで虎と戯れる

宿からタイガーキングダムは30~40分ほどかかりました。
到着してチケット売り場に行くと、触るトラのサイズによって値段が違いました
スモールが500、ミディアム600、ビッグ700、赤ちゃんが1000、ジャイアントが1300バーツ。
金に余裕はない、でもせっかく来たのにスモールってのもなぁということで我々はビッグの700バーツにしました。
お金を払って入り口を抜けてビッグサイズのトラがいる檻へ。

各檻の中ではこんな感じでいろんなサイズのトラがくつろいでいます。

入り口にはドーンとこいつが。
迫力ある!

檻の前までいってチケットを見せるといきなり入場。
え、もう!?
待ってくれまだ全然心の準備ができてない!
我々の訴えも虚しく、「ほれ行くぞ行くぞ」と先導する飼育員。
怖がる我々を見て若干面白がっているようにも見えました。

トラは檻の中に3頭いて、2頭は大人しく寝てましたが1頭ウロウロ動き回ってるやつがいて怖かったです。
おいお前!頼むからそんなウロウロ動かないで!

とりあえず大人しいやつに触ってみます。

おや、可愛い

うん、全然可愛い
めっちゃ大人しいやんこの子!

僕の番が来て調子に乗って抱きついてみる。
毛皮気持ち良い。

次はもう1頭の寝てるトラの方へ。
また順番に写真を撮る。
飼育員に「一緒に寝てみろ」と言われたので言われるがままに寝てみました。

ぜーんぜん怒んない

一緒にリラックス。
してるように見えますが結構ドキドキしてました笑。
次は「尻尾掴んでみろ」と飼育員。
尻尾!?俺は尻尾ないからわからんけど尻尾掴まれたらさすがに怒るんじゃ…?

うんぜーんぜん怒んない
「尻尾って感覚無いん?」って聞きたくなるくらい無反応。

しかしこいつは可愛らしい寝顔やなー。
すんごい気持ち良さそうに寝ておりました。

もう1回最初に撮ったやつのところに戻る。
この肉球…肉球フェチの人には堪らんだろうね!

最後に3人で記念撮影。
さっきよりはだいぶ慣れましたが、まだ少し顔が引きつってる笑。
3人で写真を撮ってから檻を出て触れ合いタイム終了。
せっかくなので違うサイズのトラも檻の外から見てみることに。

世にも珍しいホワイトタイガーさんもいました。
かっけえなこいつ!

赤ちゃんもいました。
遠目からしか見てないけどこの子はめっちゃ可愛かった…
ぬいぐるみみたい。

ということでタイガーキングダム観光終了。
高いけどしっかり楽しめました!

ビュッフェで腹ごしらえ

さあ次に行こうとしたんですが、腹が半端なく減っていることに気がついてしまう我々。
高いからレストランには入らないと誓っていたはずなのに、気づいたら欲望のままタイガーキングダム内にあるビュッフェのレストランに吸い込まれていました。

見よ、この絶景
チェンマイの絶景スポットの1つです。
270バーツビュッフェ
うおおおおお食うぞおおおおおお!
「もう晩御飯もいらん」ってなるくらい食おうと張り切って、カレーやら魚やらチャーハン、ピザ、パスタ等々目に入る料理を食い漁る我々。
「もう食えん、動けん、食い物見たくない」ってなるほど食べた後コーヒーとミルクティーを飲んで落ち着いて店を出ました。

最高!スネークファームのショー

スネークファームに向かおうとソンテウに乗り込むと、マップを見せてくるおばちゃん。
どうやら近くに他にもモンキーパーククロコダイルショー首長族の村まであるけどどうだと言っているらしい。
行きたいのは山々やけどおばちゃん、我々金無いしやめとくわ…
と言うつもりが飯食ってハイになっており、よし全て行くぞー!と叫んでしまいました。
ということで出発。まずはスネークファーム

すぐに到着。
入場料200バーツ。
入るとまずは檻に入ってる蛇がお出迎え。

タイヤの中に隠れてるから控えめな子かと思いきや、めっちゃシューシュー威嚇してる笑。
ちょっと近づいたら、なんと飛び出してきて檻に噛み付いてきた
おいおいマジかお前!
人も蛇も見かけで判断してはダメということですね。

こいつはもうとぐろ巻きすぎてどこが頭でどこが尻尾なんだかわからん状態

スネークファームというだけあってそこら中に檻があり、蛇がうじゃうじゃ。
もちろん檻の中の蛇を見るだけではございません。
お客さんがある程度集まるとスネークショーが始まりました。

いかにも蛇使ってそうという見た目のおっちゃんが登場。

続いて蛇登場。

おっちゃん、かがんで蛇を挑発。
「ほれ、ほれ」と膝を動かすおっちゃんに飛びつく蛇!
それを寸前でかわすおっちゃん!
その攻防が続いた後…

おっちゃん、なんと蛇を掴みKiss
うおーーやりおるこのオヤジ!

勝者、若干のドヤ顔。

次はさっきよりちょい大きめの蛇。
また蛇を足で挑発し、飛びついてきたところを寸前でかわすおっちゃん。
しばらくした後蛇を二人がかりで掴み、記念撮影タイム開始。
蛇を肩に乗せて撮影!だけかと思ったら「Kissしてみろ」とおっちゃん。
ええー!いくらなんでも蛇にKissはちょっと…

してしまった笑。
蛇めっちゃひんやりしてた。

ショーは段々エスカレート。
おっちゃん2匹の蛇を鷲掴み&口で加えるという暴挙。

こちらのおっちゃんはまたもやKiss!
おいおいそれは今にも噛みつかれそうで怖い…
他にもこのおっちゃんら、蛇の尻尾を掴んで振り回したり、「違う蛇を持ってくるね」といって、蛇と見せかけてロープを観客席に投げてきたりともうやりたい放題。
全く期待していませんでしたが、最高に面白いショーでした笑。
満足してお次はモンキーパークへ!

スラムダンクモンキー

ソンテウで移動して入場。
ここも200バーツでした。
入るといきなりおっちゃんが「こっちに来い」と言うのでついていって猿と記念撮影。

かなり仏頂面でしたが、肩に手を回すとちゃんと手を足にちょこんとのせてくるモンキー。
可愛い!

記念撮影が終わるとすぐにショーが開始。

木の実を見せて「これを取ってこい」と係員が言うと、木に登っていって木に生えている木の実を取ってくるモンキー。
賢いなー!

選手交代。
次は俺様だ!ポーズ。

チャリンコに乗るモンキー。

さらにダンクを決めるモンキー
すげえ!
ここも「ただのモンキーパークやろ」とあまり期待してなかったんですが、ショーが面白くて充分満足出来ました

ショーが終わると檻の中へ。
悲しげな顔…可哀想。

大迫力!サー・クロコダイル

モンキーパークのあとはクロコダイルへ!
ここは少し高くてショーとボート&餌やりで400バーツ
さらにワニと記念撮影が1枚200バーツ。
友達と二人で割り勘して計500バーツも払いました。
ショーが始まるまでワニ見学。

おーいるいる!これでもかってくらい大量に!

ワニの面白いところは常に口開けてるところ。
こいつも

こいつも!
口開けたまま寝るんかな?
ぼーっと呆気に取られてるような顔で面白い。

違う場所にはこんな量のワニが。
いくらなんでも多すぎる笑。

ワニを見つつ待っているとショーが開始。

ワニの尻尾を引っ張って引きずる兄ちゃん。
ワニはぐでーんとしたまま大人しい。

兄ちゃん、かがんでワニにKiss
だけでは終わらず…

なんとワニの開いた口に顔を入れる兄ちゃん
命知らず過ぎ!
これバクーンっていかれたらヤバいやろ…到底俺には出来ない…

さらにワニをだき抱えて観客に撮影タイムを与える兄ちゃん
すげえわこの人笑。
兄ちゃんの命知らずな芸を楽しんだ後はワニと記念撮影。
トラの時と一緒でテキトーかと思いきや、「ゆっくり慎重に歩け」と念を押されて緊張しました。
言われた通り慎重にワニに近づいて撮影。

近くで見るとワニでかいな!
そしてやっぱり口は開けっ放し笑。

お次はボートに乗って餌やり体験。

ワニがウヨウヨ浮いてる川をボートで進む。
水中にいるワニを見るとピーターパンを思い出す。
みんなボートが来ると餌が貰えると分かってるのか、ボートに近寄ってきます。
肉を竿につけて餌やり開始。
餌を水面に近づけていくと…

ガバッと口を大きく開けて飛びついてくるワニ
大迫力!

そこをすかさずクイッと手首のスナップをきかせて避ける!
残念!惜しかったなワニ!
エサの肉は1つしか貰えなかったので、3人で交代で肉を近づけてはワニがパクッと来たところをクイッと避けるの繰り返し。
かなり悪趣味ですが、楽しかったです。

「うおらいい加減よこせ!」とワニ。
迫力に負けてついに肉を取られました。

〆はワットプラタート

ワニに満足して次は首長族の村へ。
せいぜい200バーツくらいだろうと思って向かったら、なんと500バーツ
しかも雨も降ってきたので首長族は断念。
泣きながらワットプラタートへ向かいます。

ワットプラタートは山の上にあると聞いていましたが、想像よりずっと高い山の上でした。
ソンテウで上っていく途中で雨はやみ、見晴らしの良いスポットがあったので下ろしてくれました。

チェンマイの街並みです。
景色よろし!
またソンテウに乗って坂を上っていくとようやく入り口に到着。

金ピカの銅像がお出迎え。
誰だね君は!

ようやくワットプラタートが見れると思ったらこの階段。
まだ登らせるのか…!
えいさほいさと階段を上がっていくとようやくワットプラタートに到着。

バンコクでワットには飽きつつあったんですが、久々のワットは良かったです。

金の大仏さんもたくさんいらっしゃって。

ボスもドーンと構えていらっしゃいました。
晴れてたらなおよしだったんですが、充分綺麗でした。
写真を撮って退散。階段を下ってソンテウに戻り、宿へ。

途中でまた景色の良いところで下ろしてくれたので写真を撮って再出発。
無事に宿に帰ってこれました。
1日ソンテウであちこち連れていってくれた夫婦に感謝!

飛行機でバンコクに移動

お礼を言って別れを告げ、我々は荷物を拾って空港へ。
夜22時40分発のバンコク行きの便に乗り込み、バンコクへ飛びました。
空港からタクシーを拾って宿に着いたのが深夜1時くらい。
この旅初日と二日目に泊まった宿を取ったので、ホーム感が半端ない。
深夜なのに暖かくお出迎えしてくれて、ただいまを言って部屋に行き、荷物を下ろしてバタンキュー。
疲れていたのでシャワーも浴びずに夢の中へ誘われました。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

↓↓あわせて読んでほしい記事↓↓

旅の締めはやっぱりカオサン!東南アジア周遊旅行終了!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です