千と千尋の洪崖洞!

スポンサーリンク




2018年3月1日。
中国周遊旅行10日目。
今日は成都を出て次なる街・重慶へと向かいます!

朝9時過ぎに起床。
火鍋を食べた次の日の朝はお腹の調子がすこぶるよろしくなく、決まってトイレにこもることから1日が始まります。
汚い話でごめんなさい。
トイレに籠城し、火鍋によって刺激された胃腸をヨシヨシとなだめてからシャワーを浴び、すっきりしたところで荷物をまとめてチェックアウト。
そのまま下のバーで昼御飯。
今日はボロネーゼにしました。
写真を撮ってなかった、、、でも美味しかったです!

昼を食べた後1戦ビリヤードをしてコテンパンにやられ、13時半過ぎくらいに宿を出ました。
これまで4人で旅をしてきたんですが、そのうち2人とはここでお別れ。
彼らはこの後国境を越えてタイに向かうそうです。
涙涙のお別れ会をした後我々2人は地下鉄にて成都東駅へ。

余裕で間に合うやろうと思ってたけど切符売り場と荷物検査がめちゃくちゃ混んでて気づけばすごいギリギリの時間になってました。
駅に着いてから重いバックパックを背負って猛ダッシュ!
14:50くらいに改札を突破し、なんとか列車に飛び乗りました。

何分発だったか忘れましたが、とにかくすごいギリギリでした、、、セーフ!
高速列車にて重慶北駅を目指します。

疲れて16時くらいまで寝てて、16時半くらいに重慶に到着しました。

来ましたよ、重慶!
なんでも、重慶は中国で1番美人が多い街だそうで。
こりゃー街歩きが楽しみだ!いろんな意味で!

宿に向かう前に明日の張家界行きのバスチケットを入手しようと思い、長距離バスのチケット売り場へ。

例によってLong distance bus stationの案内表示を頼りに探します。
迷いつつもなんとか見つけたんですが、武陵源の文字を見せるとNOと言われました。
張家界行きのバスならあるけど、ここではチケットは買えない、と。
はい、お手上げー。
なんでやねん!
さあどうしよう、、、とりあえず宿に行って、宿の人に聞いてみようということになり、地下鉄を利用して予約した宿へ。
地下鉄の乗り場を見つけるのにまた一苦労しました。

地下鉄に乗りたいのに何故か地上に出てしまい、その辺歩いてるおっちゃんを捕まえて聞いてようやく場所が判明。

10号線に乗って最寄り駅まで移動し、そこからGoogleマップを頼りに宿まで歩いていきました。

が!!!

歩いて行ったんですが!!!

ンが!!!

またもやマップに示された場所に行っても、ホテルが見つからない!!
その辺歩いてる現地の人に聞いても見つからない。
優しい兄ちゃんがケータイで電話をかけてくれたんですが、out of survice。
つまり、どうやら潰れたらしい。

ふざけんなよおおおおおい!

泣きそうになりながら近くのホテルに入り、あいにくそこは高すぎて手が出ないのでフロントの兄ちゃんに頼んでWiFiを借りてその場で違うホテルを予約しました。
もう何も信用できず、ビクビクしながら次のホテルに向かいます。

タクシーで付近まで向かい、マップに従ってホテルへ。

行ったんですが!!!

またもや見つからない。
もう嫌や!意味わからんホテル見つからんて何やねん!!
東南アジアでもこんな事態無かったぞ!!

またその辺歩いてるじいちゃんを捕まえて聞いてみました。
すると俺についてこい!とじいちゃん。
藁にもすがる思いでついていったらわけのわからんホテルに連れてかれて、絶対ここじゃないやろと思いつつフロントの人に聞いてみたら案の定ここじゃない、と。
その人に何やら尋ねて、また俺についてこい!とおじいちゃん。
全然あてにならんぞこのじいさんと思いつつも他に頼る人がいないためついていくと、今度はでかい高層マンションに向かうおじいちゃん。

おいおい絶対違うだろ!!

じいちゃん自信満々に肩で風切って入っていき、ちょうど出てきた超絶美人のお姉さんに何やら質問。
すると、ああそれここだよ、とお姉さん。

ええええええええ!

まさかのここであってた、、、
その超絶美女によると、このマンションの50階にあるとのこと。
fifty!?
fifteenの間違いやろ。と思ったんですが、ほんとにfiftyでした。
高層マンションの50階にあるホテルなんて、見つけれるわけないでしょ、、、
一緒に探してくれたじいちゃんと美女に感謝。
ようやく宿についてチェックインできて、重い重い荷物を下ろすことが出来ました。

その宿には何故かサンドバッグが浮いてました。
腹が減ってもはやサンドバッグを殴る気力もない。笑

部屋からの景色。
さすが50階。
たしかに見晴らしは良いですねぇ見つけにくいけどな!!

ホテル探しで心身共に疲労困憊になったので、バスのチケットは諦めてとりあえず飯を食いに行こうということですぐに宿を出ました。

宿を出てすぐのところはこのようにイルミネーションが綺麗でした。
なんとなくクリスマス気分。3月だけど笑。

重慶に来たのは美人を見に来たのではなく、千と千尋の神隠しの世界観に似ていると噂の「洪崖洞」を見に来たのです。
なのでご飯もその辺で食べようということで、洪崖洞に向かって歩いていきました。
長いトンネルを抜けて歩いて行くと、大きな橋が見えてきました。

ホテルの前の川に繋がっている橋です。
橋の向こう側には高層ビルが立ち並び、夜景が綺麗でした。
が、川に沿って歩いて行くともっと綺麗な夜景が目に飛び込んできました。
洪崖洞です!

赤い!提灯いっぱい!

かなり千と千尋の神隠し感があります。
台湾の九份にも行ったことがありますが、僕としてはこっちの方がより千と千尋感を味わえるんじゃないかと!

台湾の九份はあまりにも有名&行きやすいからか、日本人だらけで日本語が飛び交っていました。
が、ここは全く日本語が聞こえず、日本人1人も見ませんでした。
こんなに千と千尋感味わえるのに!
穴場なのかもしれません!

建物の中はこのようにお土産屋、屋台、レストランなどが並んでおります。

写真には写してないですが、すごい人でした。
景色が綺麗すぎて、すぐさま三脚立てて鬼の勢いで写真を撮りたかったんですが、とりあえず腹ごしらえということでカメラ欲を抑えてレストランへ。

今日も今日とて火鍋。
火鍋は重慶発祥らしく、洪崖洞にもたくさん火鍋屋がありました。
例のごとくめっっちゃくちゃ辛く、滝のように汗をかきながら食べました。
隣の中国人美女2人は涼しい顔で食べてました。
強いなー現地人は!

ミニ肉まん的なものも食べてみました。
美味しかったです。
中国は飯が美味い!

腹がパンパンになったところで撮影再開。

橋もかなり綺麗でした。

洪崖洞はもっと綺麗。
ここ、ヤバいです。
開いた口が塞がりません!

とても感動しました。
この旅で見た綺麗な景色ランキング1位に躍り出てきました。
千と千尋ファンじゃない人でも、感動すると思います。

橋から見た洪崖洞。
すごいでしょう?
中は9階くらいまであって、バーやらパブやらもたくさんあって、楽しいです!!

橋から帰ってきて9階をブラブラ。
こんな楽しいところに来ては飲まずにはおれず、バーに入ってビールを頂いてしまいました。

暗く落ち着ける感じ。
テレビでビリヤードの試合がやっていて、のんびりビール飲みながら観戦してたら気づいたら0時近くになってました。
日を越すか越さないかくらいで洪崖洞を出て、また歩いてホテルに戻り、50階に上がってさあ寝ようとしたらなんとフロント前の扉が閉まってて開かない。
ロックされてる、、、

、、、え??

いやいや、チェックイン時そんなこと言ってなかったぞ?お兄さーん!
解錠番号知らないからどうしようもなく、途方に暮れてノックし続けたけど誰も開けてくれない。
終わった、、、早く寝たいのに、、、
もう床で寝たろうかな。
泣きそうになっていたらその階の別の施設の人がちょうど帰ってきました。
半泣き状態で相談したらおそらくフロントにいた兄ちゃんに電話して番号聞いて開けてくれました。

神!!!

中国人にも神がいるんですね、、、
マジ救世主。
ほんまに助かりました、、、ありがとう!!

こうして無事部屋に入れて、全然水からお湯になってくれないシャワーを震えながら浴びて力尽きてベッドに倒れ込み、就寝しました。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です