美女の谷!ワインの街エゲル!

2018年9月16日。
中欧周遊旅行9日目。
昨日はスロバキアの世界遺産、レボチャ歴史地区スピシュ城を見て、夜にエゲルにやって来ました。

世界遺産!レボチャ歴史地区とスピシュ城!

今日はエゲルの美女の谷でワインを嗜んだ後、列車でブダペストに向かいます!

朝飯食べてエゲル城へ

朝7時台に起床。
シャワーを浴びて身綺麗になったところで準備をして、8時45分に部屋を出発。
宿を出ようとしたらオーナーのおばあちゃんに話しかけられました。
しかしおばあちゃん、英語が話せずハンガリー語で話しかけてくるので何を言ってるのかさっぱり。
試しにGoogle翻訳を使ってハンガリー語で「お腹が減りました」と言ってみました。
すると「ここで待ってな」とおばあちゃん。
なんと卵焼きとパンを振舞ってくれました

なんて素晴らしいお人なのだおばあちゃん…!
有難く頂戴しました。
おばあちゃんによると、我々の向かう美女の谷は11時からしかやってないらしいので、それまでエゲル城を見ることに。

卵焼きとパンを平らげ、おばあちゃんにお礼を言って宿を出て、とりあえずエゲル城を目指して歩き出しました。

閑静な住宅街を抜けて坂道を登っていくと、エゲルの町並みが一望できるポイントに出ました。

赤い屋根が綺麗。
中欧っぽい景色!

後ろに山が広がっており、結構田舎。
都会より落ち着くなぁ。

エゲル城観光

えいさほいさと歩いて、エゲル城に到着。
入場料は850フォリントでした。
1フォリントが大体0.4円くらいなので、約340円。
安い!
中に入っていきます。

石像がお出迎え。

十字架が立ってました。

洞窟の中に入ってみます。

石碑。
何と書いてあるのか…。

昔のエゲル城の姿。
綺麗な城だったのに…

焼かれてしまったそうです。
どこのどいつだ焼いたのは!!

大砲も展示してありました。
でけえー。

こちらには騎士?将軍?の模型が。
毛量がすごい。

洞窟の中は結構広かったです。

洞窟を出て広場に行くと、またまた街並みを見渡せるスポットがありました。

綺麗だなぁー。
日本も屋根の色を統一すればいいのに。

あそこ、昨晩宿を目指して歩いてたときに通った広場です。

バックパックを背負って坂を登ってきて疲れたので、一旦木陰で休憩。
まだ時間が早いからか、あんまり人がいませんでした。

一通り回ったところでエゲル城観光は終了。
まあ、340円なら良いでしょうといった感じでした。

さようならエゲル城。

坂を下りて退散。

駅に寄ってから美女の谷へ

このまま美女の谷に行くのではなく、一旦駅によって荷物を預かってもらって、ブダペスト行きのチケットを先に買っておくことに。

のどかな公園を通って歩いて駅に向かいます。

立派な噴水がありました。

駅に到着!
道と線路との間に柵も何もないんだけど、大丈夫なのか?笑
線路を飛び越えて駅に行き、荷物預かり所に重たいバックパックを預けました。
そしてエゲル→ブダペストの列車のチケットを購入。
1800フォリント。安い!

というわけで身軽になったので、ようやくエゲルのメイン、美女の谷へ!

美女の谷って何?と言いますと、ワインセラーが何十軒も並ぶ夢のようなスポットのことです
試飲たくさん出来るし、樽ワインをめちゃくちゃ安い値段で買えるという、ワイン好きにはたまらんスポット。
なんと空のペットボトルを持って行くとそれにワインを詰めてくれるそうです。
素晴らしい!

ということで、そんな美女の谷に向かいます。
その前に少し腹ごしらえ。

スーパーに寄ってサンドイッチを食しました。
空きっ腹に酒を入れるとすぐ酔ってしまうので!

スーパーを出て歩き出します。

駅からはなかなか距離がありました。
歩いて歩いて街中を抜けて、こんな田舎道を歩いていきます。

楽しそうなオブジェ。
こいつを通り過ぎるとすぐ着きました。

美女の谷でワインを嗜む!

美女の谷に到着!

いきなりワインがお出迎え!

入ってみるとワインが並んでました。
せっかくなので1000フォリントで5種類のワインを試飲してみました。
美味しかったです。
試飲なのに結構な量をくれて、もうこの時点で少し酔いました笑。
この店を出て、cheapと言われたレフトサイドのワインセラーを回ることに。

ここに向かう道は僕ら以外歩いてませんでしたが、着いてみると人で賑わってました。

テキトーにワインセラーに入ってみます。

中はこんな感じ。
オシャレ!
しかしここは混雑してたので隣の店に移動。

入ります!

ここの店は壁に各国の紙幣が貼ってありました。
1000円札もありました。たしか。

ワインが並んでます。
とりあえずテキトーに1人1杯ずつ赤ワインを貰いました。

外で乾杯。
グラス1杯たったの0.5ユーロでした。
約70円。安すぎ!!!
味はと言うと、もちろん美味しい!
なんだここ!楽しすぎか!

楽しくなってきて、一旦美女の谷をくるっと回ることに。

どこも店頭にワインを置いて、誘惑してきます。

レストランも数店舗ありました。
さっきサンドイッチ食べたばかりなのに、楽しくなって入ってしまいました。

ガッツリ肉とグラスワイン。
最高に美味でした。
夢のような場所だ美女の谷…!

レストランを出て再びワインセラーへ。

僕は空のペットボトルを持っていたので、それに赤ワインを詰めてもらいました。

どーーん!
こんな絵面なかなか見られません。
値段はと言うと、なんと1.5リットルで約900円でした
ヤバすぎ!!
嬉しくなってこいつをグビグビ飲みながら、荷物預かりが16時までだったことを思い出して15時過ぎに美女の谷を出ました。

エゲルを出てブダペストへ

16時3分前くらいに駅に到着。
遠い…!笑
美女の谷は徒歩で行くところじゃないのかもしれない。
荷物預かり所のおっちゃん、「あいつら、16時までって言ったのにー」といった様子で顔を出してキョロキョロしてました。
我々を見つけた瞬間、「やった!帰れる!」って顔でニンマリしてました。
可愛いなおっちゃん!

荷物を受け取って、近くのスーパーに行ってハムとチーズを買い込み、列車に乗り込みます。

16時31分エゲル発の列車でエゲルを出ました。
素晴らしい街だったエゲル…是非ともまた来たい!

20分くらいで乗り換えの駅に着き、30分ほど駅で待ってから17時26分発ブダペスト行きの列車に乗車。
ワインとさっき買ったチーズ、ハムで1杯やりながら映画を見て過ごしました。
小栗旬さん主演のミュージアム、グロいけど面白かったなぁ。
その後ワイスピを見てたらブダペストに到着。

もうすっかり夜です。
ブダペストは2年前のヨーロッパ周遊旅行で来たことがあるので、懐かしみつつ地下鉄1日券を購入し、地下鉄に乗って宿へ。
Airbnbで取ったので見つけるのに少し苦労しましたが、無事宿に到着。

夜のブダペスト散策

荷物を置いて一息つき、22時から夜のブダペスト観光に行きました。

月が綺麗。
夜の散歩も楽しい。

ゲッレールトって書いてある。
温泉かな?
2年前はセーチェーニ温泉しか行ってないからなぁ。

橋が見えてきました。

かっこいい!
これは鎖橋ではないですが、ライトアップされた姿はかっこよかったです。

横断歩道を渡りながらパシャリ。
1枚撮ってすぐに避難。

謎の建物を発見。
中に入れそうでしたが、怖かったのでやめました。

上の方に見えてるのが恐らくゲッレールトの丘です。
2年前はあそこに登って夜景を撮りました!
今日は登るのはやめとこうということに。

反対の岸から王宮の夜景
綺麗だなー!
ドナウ川沿いの散歩は楽しいです。

0時くらいまで歩き、疲れて帰りにマックに寄って小腹を満たしたあと宿に戻り、シャワーを浴びる気力もなくコンタクトだけ取ってぶっ倒れて眠りにつきました。
明日はブダペストを観光した後スロベニアに向かいます!

↓↓あわせて読んでほしい記事↓↓

ハンガリーの首都・ブダペスト観光!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です