花の都、フィレンツェへ

スポンサーリンク




ヨーロッパ周遊旅行11日目。
昨日の昼にミラノに到着して昨日は、夜までミラノ観光を満喫してきました。
今日はお昼にミラノで絶品ピザを食べ、その後イタリアの2都市目、花の都フィレンツェへ向かいます。

本当は今日は朝早起きしてサンタマリアデッレグラツィエ協会に最後の晩餐を見に行くつもりでした。
いろいろなサイトに予約必須と書いてありますが、中には予約が取れずダメもとで行ってみたら入れたと書いてある記事もあったので、早起きしてアタックしてみようと思っていたのです。

しかし起きたら8時半。
もう開館時間は過ぎているため、今から行っても望みはないだろうと思い断念。
絶望して9時半までふて寝をしていました。

チェックアウトの時間が10時までだったので10時きっかりにホテルを出て、昼ご飯にはまだ少し早いため、ダヴィンチ博物館なるところへ行ってみました。

かの有名なダヴィンチさんの名前が付いた博物館なのでさぞかしすごいんだろうと期待MAXで行ったのですが、着いてびっくりしました。

ちゃっちい。

期待しすぎたというのもあるかもしれませんが、それにしてもちゃっちすぎる気がします。
僕らのほかにも建物の前で唖然としている人が何人かいて、数人めげずに入っていき、他はみんな帰っていきました。

さあどうしたものか。
少し早いけど人気のあるピッツェリアに行ってみよう。

そのピッツェリアの名前はスポンティーニ。
なんでも分厚い生地のボリューム満点ミラノピザが食べられるとか。
ダヴィンチ博物館に裏切られた直後だったので、ここにも裏切られたらどうしようと思ったのですが、大当たりでした。
これがスポンティーニのミラノピザです!!

IMG_6580

厚いいいい!
めちゃくちゃ分厚い!
こんなの目の前に出されたらそらーテンション上がりますよ!

IMG_6582

チーズ!チーズ半端ない!

興奮して写真を撮ってからかぶりつきました。

うますぎる。

なんじゃこりゃ…!俺の知ってるピザじゃない。
ふわっふわな生地の上にとろけるチーズが大量に乗ってて…最高。
かなりボリュームがありましたがぺろりと平らげることができました。
しかもあれだけでかくて一つ6ユーロ!安すぎ!
死ぬほどうまかったです!

なんとこのスポンティーニというお店、人気すぎて最近日本にも上陸したそうです。
これが日本でも食べられるというのはでかい!
絶対行列なんだろうけど、行ってみたいなあ。

大満足でスポンティーニを出て、電車の時間までまだ少しありましたが早めにミラノセントラル駅へ。
フィレンツェに期待を抱きながらベンチに座って列車を待ちました。

15:20発の列車に乗ってミラノを後にし、花の都フィレンツェへ!
列車の中ではこれから行くローマやナポリの治安の悪さ、注意点を調べていました。
僕らは怖がりなものですから、、、

フィレンツェに到着!
すぐにでも街ぶらに飛び出したい気持ちを抑えてとりあえずチェックインを済ませにホテルへ。
しかしホテルの最寄り駅までどの列車でいけばいいのかさっぱりわからなかったのでタクシーで行きました。
3人で割って1人4.3ユーロ。
まあまあ許容範囲でしょう、、、

無事ホテルでチェックインを済ませて重たいバックパックを部屋にバーンと置き、さっそく観光へ!
ホテルの最寄駅から中心部への列車がようやくわかって、チケットを買ってしっかりヴァリデーションをして列車に乗ったのですが、誰もチケットを回収しに来ず、改札もない。

!?こんなの無賃乗車し放題やん!?

まあしないですけどね。僕たちは真面目なので!

中心部に着き、とりあえずドゥオーモへ。
最初近くによーわからん建物を見つけて

IMG_6583

これがドゥオーモ??だとしたらちょっとやばいぞフィレンツェ…と焦りましたが、奥に本当の素晴らしいドゥオーモがあって安心。

IMG_6588 IMG_6591

んー素晴らしい。

IMG_6593 IMG_6594

このデザイン大好き。
夢中で写真を撮りました。
夕日に照らされてるのがまた…!

それにしてもフィレンツェ、観光都市なだけあって雰囲気がとても平和ですね。
通りを歩いているだけで楽しい。

IMG_6586

次なる目的地、ヴェッキオ橋に向かってゆったりと夕方のフィレンツェの街を歩いていきます。

IMG_6598 IMG_6601 IMG_6602 IMG_6603

素晴らしい。
ちょっと歩いただけなのにもうフィレンツェのことが大好きになってしまいました。
この落ち着いた雰囲気が本当に過ごしやすいです。

IMG_6606

ヴェッキオ橋に到着。
夕日に染まっているからか、想像以上のきれいさ…!

IMG_6607

いーい雰囲気。
彼女と来たかった…

IMG_6610

これ。もう最高。
こんなのいくらでも眺めていられますよ!
どことなくディズニーシーのあの橋に似てますよね(伝わるかな?笑)。

ヴェッキオ橋を後にして、日が沈む前に夕日スポット、ミケランジェロ広場へと急ぎます。
しかしこれがなかなか遠かった!
広場に着く前に長い階段があるのですが、これは本当にのぼるのしんどかったです。
ただのぼった先には絶景が待っていました。

IMG_6616 IMG_6617

少し夕焼けには遅かったかなと思いましたが、それでもめちゃくちゃきれいでした。
広場の階段は夕日を見つめる恋人や家族でいっぱいでした。
僕らも写真を撮りながらしばらく見惚れていました。

IMG_6622 IMG_6629

フィレンツェの夕日スポットを聞かれたら僕は迷わずここをお勧めします。
ほんとに感動します。

IMG_6635

日が落ちてからもまた綺麗!
夜景スポットとしても素晴らしいです!

余韻に浸りながら階段を下り、再びヴェッキオ橋へ。

IMG_6653

ヴェッキオ橋の夜景もまた美しかったです…!
フィレンツェは本当に街並みがきれいでオシャレ。
老後はどうにかしてフィレンツェに永住したい笑。

腹が減ったのでレストランを探して歩いていると、おもろいウェイターにつかまりそのまま入店。
なんにしようか迷いましたがボロネーゼを注文。

IMG_6659

めちゃくちゃ美味かったです。

そこのレストランのウェイターは皆妙に日本語を知っていて、僕らが日本人だとわかると大声で
「オカマ」と「アナコンダ」
を連呼していました。意味は全く分かりません笑。
なんでそんな日本語を知っているのか聞いても
「オカマ」「アナコンダ」
ばかり。まったくもって意味不明でしたが最高に面白かったです笑。

レストランを出ると前の広場で路上ライブをしていたので、食休みがてら見学。
少しだけのつもりが歌がうますぎて、気づいたら聞き惚れていました。

iphone 20160826 006

国籍バラバラの人々が彼を囲んで、一緒に体を揺らしながら彼の歌を聴いていました。
音楽って国籍は全然関係ないんだなあと思いました。

iphone 20160826 008

本当に感動するほど歌がうまくて、気づいたら1時間ほど聴いていました。
CDも買ってしまいました。

立ち去るときに彼のギターケースにお金を入れに行ったら
「どこから来たの?」
と聞かれ、Japan!と答えたら
「Oh,アリガトウ!」
と日本語でお礼を言ってくれました。
こちらこそ、素晴らしい歌声を聴かせてくれてありがとう!

ホテルに帰ろうとしたのですが、路上ライブに夢中になりすぎて終電を逃してしまい、またしてもタクシー。
しかしフィレンツェの夜は最高に楽しかった!!

この日はこれでホテルに戻って就寝。
11日目終了です。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です