フエの王宮・昼の姿!

スポンサーリンク




2017年8月20日。
東南アジア周遊旅行12日目。
今日は古都フエにて王宮の昼の姿を拝んだ後にバスにて次なる街・ドンホイに向かいます!

朝8時起床。
昨日しこたま飲んで酔った割には早起き。
しかしすぐに準備をして宿を出るわけでもなく、しばらくゴロゴログダグダして過ごし、宿を出たのは結局10時くらい。
腹が減って仕方なかったので、いきなり王宮には向かわずにまずは朝飯を食おうということで飯屋に向かいました。
フエの朝御飯として定番らしいコムヘンというものを食べてみることに。
Google先生で調べて出てきたお店に向かいます。

到着。

たしかにメニューの一番上にコムヘンと書いてある。
早速注文!

こちらです。
コムヘンというのはアサリがたっぷり入ったお茶漬けのようなものでした。
パクチーが乗っかってるのが余計でしたが、それでも美味かったです。
1杯なんと50円。
安い!
しかし1杯だけじゃ全然腹が膨れなかったのでハシゴすることに。

次はボンブーフエという麺を食べに行きました。
普通のフォーとは違いガッツリ系の麺らしいです。
Google先生を使うとなんとボンブーフエしかメニューがないという店を見つけ、小走りでそこへ。

これがボンブーフエです。
最高に美味かった、、、
肉団子が素晴らしかったです。
これで35000ドン。
170円くらい?
安い!

ボンブーフエを食べて満足したので、タクシーを捕まえて王宮へ。

王宮近くの公園に到着。

見えてきました、フエの王宮です。
シラフでお目にかかるのは初!

後ろではベトナムの赤い国旗が青い空の中ではためいております。

チケット売り場に行ってチケットを買おうとすると、入場料1人750円すると言われました。
高い!
ベトナムにしてはものすごく高い!
躊躇しましたが、他にやることもないので泣く泣くお支払い。
お高いチケットを握りしめて中へ。

なんか昨日も来た気がするけど、気のせいかな。

昨日はライトアップされてて華やかな印象でしたが、昼の姿は渋いですね。

門をくぐるとこうです。

あちらが門。
全く期待してなかったんですが、普通に良い感じ!

庭もあって緑豊かです。

こんな通路も。
これはインスタ映えすること間違いなし!
、、、ほかの観光客がいなければ。

綺麗な装飾。
中華っぽい印象を受けますが。

屋根は綺麗なオレンジ色。

立派な建物!
さすがは王宮。

敷地はかなり広く、休憩しながら回りました。
庭を歩いていると、なんとでかい蜂の巣を発見!

でっっか笑。
この写真を撮ってすぐさま逃げました。

池もありました。

絵になるなー。
昔の人ならこういう景色を見て一句詠むのかな。

ひっくり返った看板のようなものが気になる、、、

中にはちょっと汚い通路も。

中に入れる建物もありました。
椅子がいっぱい並べてあって、和風の教会みたい。

超良い景色。

王宮内を一通り見て回った後、クソ暑かったので王宮の敷地内にあるカフェで一杯冷コーを頂いたあと王宮を出ました。
街をぶらぶら歩いたんですがあまり写真映えするような所はなく、疲れた&暑かったのでショッピングモールを見つけて堪らず駆け込み、フードコートで一休みしました。
ドンホイ行きのバスが17時発だったので、16時半頃にモールを出てタクシーを拾って宿に戻り、荷物を拾ってバス乗り場へ。
タクシーで向かったら、乗り場はなんと昨日ベロベロになったレストランzuccaの隣でした。
zuccaに吸い込まれそうになるのを我慢してバスを待ち、30分遅れてきたバスに乗り込みフエを出発。

今日も寝台バスでした。
このバスは本当に居心地が良い!
寝っ転がってうたた寝をしていると、19時くらいに謎の飯を食べる場所に停まり、降ろされました。
日本のサービスエリア的な感じ?
わけもわからずとりあえず列に並び、流れに身を任せて250円の飯を購入。

案外美味かったです。
謎のご飯タイムの後またバスに乗って1.5時間。
ようやくドンホイに到着。
バスを降りて宿まで歩き、チェックインして荷物を部屋に置いたあと明日ドンホイの洞窟を回るツアーやハノイ行きのバスについて受付の人に尋ねに行きました。
色々聞いた結果洞窟はツアーより自分らでバイクを借りて回った方が安いし融通が効くと気づき、そうすることに。
バスは今日は時間が遅いから明日の朝電話してあげると言ってくれました。
ここの宿を経営してる夫婦のお二人は本当に親切でした。
お言葉に甘えてお願いし、今宵はシャワーを浴びて珍しくノンアルで寝ました。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です