コタキナバル市内散策!真っ青ブルーモスク!

2018年3月30日。
コタキナバル旅行2日目。
今日はのんびり市内を歩き回って観光し、ブルーモスクを見に行きます!

ドミトリーの二段ベッドで僕の上で寝ていた青年Aのイビキがとんでもなくうるさくて、昨日深夜の1時過ぎくらいに寝たのに7時くらいに起きてしまいました。
トイレに行って用を足して朝シャワーを浴びて身を清めてから二度寝開始。

次に起きたのが9時半くらい。
せっかくなので宿で無料でいただけるブレックファストをもらいました。

薄い食パン2枚にコーヒー。
軽く胃を震わせたおかげで腹が減ってしまいました。
ということで買い物がてらレストランも求めつつ外へ観光に出ます!

まず向かったのがあのでかいショッピングモール。

まさかコタキナバルにこんなデカくて立派なモールがあるとは!
正直ナメてました。
やるなコタキナ!

ここでひとまず各々必要なものを調達。
僕は日焼け止めを買いました。

なんとこのショッピングモール、DAISOも入ってて日本のものが沢山売られてました。

買い物続ける組と終わった組の二手に分かれ、終わった組の僕ともう1人で一旦モールを出て、あらかじめ申し込んでおいたキナバル山ツアーのツアー会社の事務所に質問をしに行きました。
が、土日じゃなく金曜なのに何故か開いておらず。
今日もしかしたら祝日なんかもなーと話しつつとぼとぼと戻る。
ついでに美味そうな飯屋を探しながら戻ります。

すると、少し歩いただけで2軒も気になるお店を発見!

ここと

ここ!
両方現地の人で賑わってたので間違いないなと。
よっぽど抜けがけして先に食ってしまおうかと思いましたが、そんなことしたら残してきたメンバーに絞め殺されると気づき断念。
飯屋の位置を覚えてモールに戻る途中でコンビニを発見し、気づいたらこいつが左手に収まってました。

カーーーーーっ。
暑い日のビールは堪らんね!
ビールを飲みながらモールに戻って買い物してた組と合流し、さっき見つけた飯屋へ。
2つのうち人がより多く入っていた方に入りました。

勝者はこちらです!

メニューめっちゃある。
中国と違って英語で書かれてるから助かります。
値段が安いので、とりあえず食べたいものを手当り次第に注文!

メインのヌードル。
これ、何ていう料理か知りませんがめちゃくちゃ美味かったです!
何皿かお代わりしました。

肉。
不味いわけがない。

ピラミッド型ご飯。
もはやご飯だけで美味しい。

そしてこいつがまた、、、美味すぎました。
スパイシーで、ビールのツマミによく合いそうな味。
オクラもいい味出してました。

更にスープ。
これだけ好き放題食べて、値段は1人19RM。
なんと1人500円くらい。
安すぎ!!

飯屋を出た後は一旦宿に戻って休憩。
腹が満たされて満足した僕はガーガー昼寝してしまいました。
15時前くらいに再び外に出て、今度は市立モスクを見に行きました。
Googleマップで調べると片道5kmあり、歩くと1時間くらいかかりますが、時間はあるので節約も兼ねて歩こうとということで歩いて向かいました。

向かう途中で見かけた生簀。
海沿いの街なだけあって、海鮮が美味そうだなー!
こいつを焼いてビールと共にいただいたら最高だろうね、うん。

序盤はこういう普通の街中の道を歩いてたんですが、

途中からこういう南国感のある海岸沿いの道に!

海の色、綺麗だなー。
地元の海とは大違いだなぁ。

釣りを楽しんでるおっちゃんらもチラホラ。
平和だなーーー。

道というかなんというか、というところを歩いて行きます。

だんだん木が増えてきて、木陰で一休みして休憩をはさみつつモスクへ。

ツタもじゃもじゃの木も。
散歩は普通に楽しかったんですが、歩いても歩いてもモスクが近づかない&ひなたの暑さで着く頃にはヘトヘトになってました。

タクシーにすればよかったと若干思いつつも、歩いて歩いてようやくモスクを発見!!

こんにちはモスククン、、、!
ようやく出逢えたね、、、

ブルーモスクの異名通り、真っ青です。
深青色です。
美しい、、、
ヨーロッパ回った時やニュージーランド縦断したときにキリスト教の教会はいくつも見ましたが、モスクは初めて。

暑すぎたので外観を撮った後売店でコーラを買って一息ついてから入口へ。

美しい!

モスクの中には半袖半ズボンでは入れないので、服を貸してくれるところがありました。
イスラムっぽい服を着て中へ。

イスラム教のモスクは初めて入ったのですが、キリスト教の教会と比べると中はあまり派手さはなく、スッキリとしていました。

ここから先は入っちゃいけないとのことだったので写真だけ。
内部は目を見張る美しさはなかったので、パシャパシャ写真を数枚撮って退散。
借りた服を返してお金を払ってモスクを後にし、また長い長い道のりを歩いて宿へ。

帰りは海岸沿いコースではなく山道コースを選択。

行きの景色とはまた違った景色が見れて良い、、、なんて思ってたんですが、やっぱ海沿いの方が景色綺麗だったっていうのと、登り坂がしんどいっていうので山道コースの選択は間違いでした、、、
ヒーヒー言いながら坂を登っていくと、終盤にシグナルヒル展望台を通りがかったので一旦休憩。

コタキナバルの街並みを一望できました!
と言ってもビルディングばっかですが笑。
それでも坂登って疲れてたからか、夕日に照らされた街並みはとても綺麗に見えました。

ちょっと休憩した後もうひと頑張りして宿へ。

最後はこの階段を下っていったらすぐ宿に着きました。
ベッドにぶっ倒れて一旦休憩。
体力を取り戻した後、今度は晩御飯を食べに行きました。
昼食べたとこの横の店に入ってみました。
またテキトーに注文。

青菜炒め。
結局ね、青菜炒めが正義だと思うんですよ!
ザ・シンプルな料理だけど、好きなんだよなー。

他にもいろいろ注文。

この肉団子入りの麺がなかなか美味かったです。

1番美味かったのはこれ!
干鍋。
どれもこれも美味くて、欲望に身を任せた結果1人大瓶1本ビールを飲んでしまいました。

こうなってくるとスイッチが入り、この店を出た後ワインを求めて繰り出してしまいました。
するとすぐ近くにリトル・イタリーという素晴らしいネーミングセンスの店を発見し、イタリーならワインがあるに違いないと思って入店。

ワインあったんですが、1番安いやつでなんと150RM。
4500円!?!?
高すぎ、、、と思いつつ酔ってたのでなんとそれを頼んでしまいました。

ツマミでピザも注文。

さすがに4500円もするワインは美味すぎて、ピザも美味すぎて一瞬で吸い込むように平らげてしまいました。

その後、やめときゃいいのにリトルイタリーを出国してまた違うバーに入ってしまう我々。

ビーフアンドチップス的なツマミとまたもや赤ワインボトルを注文。
美味かったです。
美味かったんですが、金使いすぎ、、、

そこを出た後、なんとまだ帰らずに昼間に行ったモールにいく我々。
モールの中のありとあらゆる店の店員に「Where is wine」を連呼しながらワインを探したんですが、幸か不幸か見つからず。
仕方なくサーティワンアイスクリームを食して帰路に着きました。

ワインのおかげでかなり酔ってたので、コンビニに行くという友達について行って何故かオレオを買ってきて、それをバリバリ食い散らかしたあとコンタクトだけ取ってシャワーも浴びずに歯も磨かずにベッドの上にひっくり返って寝ました。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です