華金!語学学校帰りにプチロンドン観光!

2014年9月12日。
ロンドン短期留学8日目。
先週ロンドンに到着し、土日はビッグベンキングスクロス駅などを観光してきました。

初めての海外!勇気を振り絞って憧れのロンドンに飛び出してみた

キングスクロス駅でまさかの9と4分の3番線!

月曜から語学学校が始まり、1週間頑張って授業を受けてきました。
そして今日は華の金曜日!
授業後、語学学校の友達とチョロっとロンドン観光に行きます!

学校帰りにロンドン塔

1週間、長かったなー。
語学学校では最初に文法テストを受けさせられ、それの点数で入るクラスのレベルが決められました。
僕は京都大学受験時に鬼のように勉強していたので、文法テストはムダに出来てしまい、少し高めのコースへ。
リスニング&スピーキング能力は皆無なのに…

案の定、先生の言っていることが半分くらいしか理解出来ず、クラスを変えてくれと頼みに行ったんですが
「最初はそんなもんだ。頑張れ!」
と言われてクラス変更叶わず。
1週間頑張ってなんとか授業についていこうとした結果、だいぶリスニングには慣れてきました。
が、疲れた!!笑

金曜は午前中で授業が終わったので、同じ語学学校で知り合った日本人の友達と二人で昼から少し観光に行くことにしました。
「せっかく留学中なんだから、日本人同士じゃなくて他の国の人と絡めよ!」
と思われるでしょう。
僕もそうした方がいいと思っていました。
が、1週間授業で英語を聴く、話すのに集中力を使い続けてきたので、ちょっと疲れてきてたのです!笑

ビッグベンやバッキンガム宮殿はもう見てしまったので、今日はとりあえずタワーブリッジを見に行くことに。
語学学校はウィンブルドンにあるので、地下鉄で向かいました。
最寄り駅に到着して、外に出てみると…

タワーブリッジより先にロンドン塔が目に飛び込んできました。

素晴らしい。
緑に赤が映えています。
赤いのは本物の花ではなくセラミック製の造花だそう。

そして同じ位置から比較的新しめの観光スポット、シャードも見えます。
形が特徴的!

ロンドン塔はかつて監獄だった歴史があるらしく、夜になると出るんだとか。
行ったのは昼だし、中も見学すればよかったのにと今になって思うんですが、この時は何故か見学しませんでした。

花より団子の我々は、広場でフィッシュアンドチップスが売られているのを発見!!
すぐさま飛びつきました。

ジャーン!
結構…いや、かなりデカい。
そして、ケチャップはかけ放題。

お昼ご飯のつもりで買ったんですが、めちゃくちゃお腹いっぱいなってしまってこの日は晩御飯食べられませんでした笑。

タワーブリッジを渡ってみる

お腹もいっぱいになったところで、タワーブリッジへ。

とりあえず遠目から。

なんとお美しい御姿!
テムズ川は相変わらず汚いけど笑。

せっかくなので記念撮影。
これを撮って、橋を渡ってみることに!

タワーブリッジ×ダブルデッカー
これぞロンドンの風景!

歩いて渡ってみるとその大きさに気付かされます。

そして立派なタワー!
ディテールも凝ってるねぇ。
とかなんとか言ってたら、突然何やらアナウンスが流れました。
なんだなんだと思ってたら、どうやら「橋が上がるからどいてください」というアナウンスでした。
流れに身を任せて避難すると…

橋が上がっていきます!

おぉー!
上がりきった瞬間は、何故か歓声が上がってました笑。
橋が上がる回数は一日の中でそんなに多くないらしいので、ラッキーでした!

乄はセントポール大聖堂

運良く橋が上がるとこも見れたところで、次のスポットへ。

ロンドン塔の前にいたライオンたち。
トラファルガー広場にもいたし、イギリス人はライオン好きだなー。

チラチラと顔を覗かせるシャード
展望台とショッピングが楽しめるんだとか!

我々がやって来たのはシャードではなく、セント・ポール大聖堂
タワーブリッジからは歩いて30分くらいの距離にあります。
外観を撮って、中に入ろうとすると…

木の実を咥えたリスがテッテッテーッと走って行きました!
ビックリしたー…!

改めて大聖堂外観。
大きくて立派な聖堂です。

中にも入ったんですが、何故か写真が残ってませんでした泣。
中にはカフェもあり、アフタヌーンティーを楽しむことも出来ます。
次回は本場のアフタヌーンティーとやらを嗜んでみたいなぁ!

これにて学校帰りの観光は終了。

帰る途中に見つけた寿司屋。
yo!Sushi
陽気な名前だな笑。

昼のフィッシュアンドチップスが効いてて、この日は晩御飯食べれず笑。
ホストファミリーに話したら笑ってました。
ということで、華金終了!
明日はいよいよ、楽しみにしていたハリーポッタースタジオツアーです!

↓↓あわせて読んでほしい記事↓↓

ファンは絶ッ対に行くべし!ハリーポッタースタジオツアー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です