ルアンパバーンのナイトマーケットに行ってみた!

スポンサーリンク




2017年8月25日。
東南アジア周遊旅行17日目。
昨日この旅4カ国目のラオスに到着し、ルアンパバーンでまさかのボーリングをしてラオス初日の夜を楽しみました。
今日は明日の象乗り体験の予約以外何もすることが無く、ひたすらだーらだらと1日を過ごし、夜はナイトマーケットに行ってみました。

朝8時半起床。
昨日飲みすぎたせいでめっちゃくちゃ気持ち悪い、、、
カメラロールを見たらボーリング場で知り合ったテンション高い外国人との写真で埋め尽くされていて笑いました。
誰やったんかなーこの人らは笑。

シャワーを浴びて歯を磨いてスッキリしたあとbreakfastを頂きました。
10程種類があり、僕はスクランブルエッグとベーコンにしました。美味かった。
バナナにスイカもくれて、腹がパンパンになって部屋に戻って食休み。
外を見てみると雨がザーザー。
ほんとはクアンシーの滝とやらを見に行きたかったのですが、雨天の時に行っても濁流で綺麗じゃないと言われたので断念。
そこからはひたすらホテルでだーらだら。
だーらだらだーらだら過ごし、昼を過ぎ、14時半くらいになってようやく雨が弱まってきたので外に出ることに。
意を決して準備を始めると、ある事実に気が付きました。

なんと、クレジットカードが1枚無い!!

もう顔面蒼白。
必死に捜索するも見つからず、昨日空港のATMで使ったのは覚えているのでATMに忘れたんだと思いレシートに書いてある番号に電話してみました。
しかし僕も向こうも拙い英語で全く会話にならず、仕方が無いのでGoogleマップでその銀行を探して行ってみることに。

頼む頼む頼む頼む、、、あってくれーーー!
と祈いつつ早足で銀行へ。結果は、、、

無い。

ガーーーーン。
人生そんなに甘いものではなかった、、、
それ以外どこで失くしたかとんと検討もつかず、もうカードを止めるしかないという結論に。
絶望しつつも腹が減ったのでとりあえずレストランへ。
人間こんな状況でもちゃんと腹は減るんやなー。

レストランに向かう前に、明日の象乗り体験の予約をするためにトゥクトゥクを拾ってリサーチしておいた安い店に連れてってもらいました。
こういう体験系は高いだろうなと思っていたんですが、35ドルと意外と安く済みました。
予約も無事終わったところでようやくレストランへ!
昨日の夜行った、ビリヤード台のある店に行きました。
腹が減りすぎていたのでろくにメニューも読まんとテキトーに注文。

チキンの炒め物に

バッファローのシチューが来ました。

さらに米を頼んだらこんな量で出されました笑。
イイネこの店!わかってるじゃん!

料理を待ってる間にライフカードに連絡してクレジット機能を止めてもらい、一安心したところでいっただきまーすと料理に食らいつきました。

、、、が、めちゃくちゃマズい。

あっれー、おかしい。
昨日はそんなに不味いと感じなかったのに、、、
たいていのものは美味い美味いと言って食べるのに、、、
これはお世辞にも美味いとは言えませんでした。

レストランからの景色はなかなか良い感じ。
やっぱりクレカ事件で気分が沈んでるから、ご飯も美味しく感じられないんかな、、、
そう思って気分を新たにしてから、もう1度料理を口に運んでみる。

やっぱり美味しくない。

これはもう気分云々の問題じゃない。
単にラオス料理が口に合わないんだと気づき、ビリヤードもろくにやらずさっさと退散。
二軒目に行くお金もなく、虚しくホテルへ戻りました。
シャワーを浴びてまたゴロゴロダラダラしていたんですが、20時過ぎくらいに友達がナイトマーケットに行こうと言い出しました。
たしかに、今日という日がクレカ事件と象乗り予約だけで終わるのはもったいないと思い、意を決して外へ。
歩ける距離だったので宿から歩いていきました。

ナイトマーケットに到着。
全くもって期待していなかったのですが、人も多くて案外楽しそうな雰囲気。
通路が2列あって一方をとりあえず見ながら通過すると、出た先にジュース屋を発見しました。

このように店の前に果物の入った透明なカップが並べてあり、これをくれと選ぶとその場でミキサーを使ってジュースにしてくれるというお店。

英語メニューもあって、安かったので頼んでみました。
僕はコーヒー&オレオ&バナナを選択。
渡されて一口飲んでみると、美味さに感動しました。
そりゃこの組み合わせで不味くなるはずはないと思いましたが、それでもめっちゃくちゃ美味い!!
一気に楽しくなってきて、ジュースを飲みながらもう一方の通路を見ていきます。

こんな感じで、店ごとに個性ある商品を売っています。

可愛らしい照明を売っている店も。
安かったら欲しいな、、、あかんわ、バックパックに入らんわ。
断念。

ハチマキ的なものを売っている店も。
この店は小さな子どもが商品を売っていました。
そう来られると買ってあげたいと思う気持ちもあるんですが、なにぶん本日クレカを失くした身分なので泣く泣くスルーしました。
もう1列を抜けて帰ろうとすると、屋台を発見。
どっかのブログで読んだカオソーイというラオス名物が売っていたので、食べてみました。

こちらがカオソーイ。
隠れていて見えませんが、中には麺が入っています。
昼のラオス料理は不味かったけど、カオソーイは如何に、、、
いざ実食!!

、、、不味い笑。
なんでやーーー!
もうダメだラオス料理に挑むのはやめよう、、、
痛感して帰路につき、帰り際に懲りずに屋台で見つけたソーセージを買って食べてみるもやっぱり不味く、嗚呼ラオス!と叫びながらホテルに帰ってシャワーを浴びて大人しく寝ました。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です