プーシーの丘!とナイトメアバス、、、

2017年8月27日。
東南アジア周遊旅行19日目。
今日はプーシーの丘に登ってルアンパバーンの街並みを一望した後、夕方からバスにて国境を越えてタイはチェンマイへ向かいます!

朝9時に起床。
今日は晴れてるからようやくランドリーサービスで溜まりに溜まった洗濯物を洗えると思ったら、今日チェックアウトだから無理と言われました。
えーー!でもまあそりゃそうか、、、
おかげでこの臭い服たちと共に国境を越えなければならなくなりました。
とりあえずホテルのモーニングを頂いて部屋に戻り、パッキングを済ませて部屋でゴロゴロ。
今日は夜行バスでチェンマイに向かうため宿はいらないので、明日泊まる用の宿を探して予約。
さらに明後日のチェンマイ→バンコクの航空券も予約したところで時間が来てしまったのでチェックアウトして宿を出て、昼御飯を食べることにしました。
プーシーの丘に向かって歩いていくと、途中でいい感じの雰囲気のレストランを見つけて即入店。
我々は若干ラオスの料理恐怖症みたいなところがありましたが、ここは高そうなホテルに併設しているレストランだったので安心してスターター料理1つ、メイン料理を1人1つ、さらに魚料理を1つと赤ワインをボトル1本頼んでしまいました。

スターター料理。
なんというオシャレな見栄え。
インスタグラマーも喜ぶこと間違いなし!

メインも到着。
僕はミートソースパスタにしました。
予想通りここの料理は美味く、赤ワインが進むわ進むわもう大変でした。

こちらが魚料理になります。
これがまた美味く、一瞬で赤ワインのボトルが1本カラになり次は白ワインに移行。
白ワインと魚がびっくりするぐらいマッチして、びっくりしすぎて白ワインと魚をもう1セット注文してしまいました。
2本目の白ワインも無くなって調子に乗ってロゼワインまで頼んでしまって、店を出る頃にはもうべろべろ。
クレジットカードで支払って外に出て、フラフラしながらプーシーの丘に向かいました。
トゥクトゥクを拾って麓まで移動し、そこから階段で上がっていきます。
なかなか階段がきつくて、登ってる途中滝のような汗が出ました。
酔っ払いながらもなんとか登頂し、丘からルアンパバーンの街並みを見てみると、、、

こんな感じ。
ほーーー!なかなか良い!

ラオスに来てからずっと雨続きだったんで、青空が見えてるだけでテンション上がります!

街中を歩いている時は気づきませんでしたが、建物の屋根の色が赤茶色で統一されていて綺麗です。
さすが世界遺産!

メコン川がまた良い味出してますよねー。
ここから見てもわかるほど川の水が濁っているのもアジアらしさがある!

なかなかの勢いで酔っ払っている状態でも感動するほど、プーシーの丘からの景色は綺麗でした。
ルアンパバーンに来て、晴れている日に散策する時間があれば是非!登ってみてください!
階段上がるのなかなか大変ですが、頑張る価値があると思います!
僕ももう1回、今度はシラフで登って景色を見てみたい!

プーシーの丘から下りた後トゥクトゥクで宿に戻って置かせてもらっていたバックパックを持って宿の兄ちゃんにお礼を言い、バス乗り場へ。
16時半に宿まで迎えに来てくれたバンに乗り込み、バスステーションに移動して既に到着していたバスに乗り込みました。
夜行バスなので寝台バスかと思いきや普通のイスのバス。
しかも席は狭い、リクライニング無い、クーラー効きすぎて極寒という超悪状況。
ベトナムの国内移動で使ったようなバスを想像していた我々にとってこれは絶望でした、、、
ただでさえ酒の飲みすぎで気持ち悪かったのに(これは100%僕らが悪いんですが笑)、鬼のような山道を、鬼のような速度で駆け回って行くのでもう気分が悪くなる一方。
しかもしばらく走っていると途中でエアコンが壊れたのか空調が効かなくなり、極寒状態から蒸し風呂状態へ移行。
リクライニング無いし暑いし気持ち悪いしで全くもって寝られませんでした。
人生で1番辛い移動でした、、、
これが世に言う「ナイトメアバス」というやつです。
まさに悪夢のような移動を経験し、満身創痍の状態で翌朝ラオスとタイの国境に到着することになるのであります、、、

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

[ad#co-1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です