3か国目イタリア突入!ミラノ観光!

スポンサーリンク




ヨーロッパ周遊旅行10日目。
昨日幸か不幸か列車の大幅な遅れにより目的地ミラノに辿り着くことができず、乗り換えの地シャンベリで一泊することになった僕ら。
ホテルは駅員さんが無料で駅前の3つ星ホテルを取ってくれて、おまけに朝食も無料でつけてくれました。
列車の時刻が割と早かったので朝7時に早起きして朝食をいただきにホテルの1階へ。

iphone 20160825 002

朝食はビュッフェ形式でした。
パンにハムにチーズにマドレーヌにヨーグルトまで!
ジュースもコーヒーもありました。
素晴らしい!!

iphone 20160825 001

ちゃんとした朝食はあまり食べてこなかったのでがっつりいただきました。
友達の一人がハエを取るためのベチョベチョのテープに腕を取られて、俺はどうやらヨーロッパではハエとみなされたらしいといって朝から泣いていました笑。
腹いっぱい頂いたところで、今日こそ3か国めイタリアへ!!

ホテルが駅前だったのは本当に助かりました。
ゆっくり準備して駅へ行き、9:35発の列車に乗ってミラノへ向かいます。
シャンベリの駅にはピアノが置いてあって、おっちゃんが演奏していました。
素晴らしく上手でした。
ピアノの音色を聴きながら優雅に列車を待ちます。

列車が来て中に乗り込みます。
列車には一応どの席にも席番号がふってあったのですが、昨日駅員さんがくれた紙には番号が書いていなかったのでテキトーに座りました。
車掌さんがまわってきて、ドキドキしながら駅員さんにもらった紙を見せたらすんなりOKで安心しました。
後は昨日チェックインできなかったミラノのホテルに一日遅れでチェックインすることができたら万事解決。

列車に揺られること約4時間。
長かった、、、

やっとこさミラノに到着。
メトロに乗ろうとしたら何故かそこの駅の自動券売機がout of serviceになってて使えず、仕方なしに隣の駅まで歩きました。
しかし路線図を見るとどうやら我々の泊まるホテルの最寄り駅にはメトロではいけないらしい。
Sと書かれた列車に乗って最寄り駅へ向かい、ホテルへ。

着いていざチェックインしようと思ったら案の定昨日チェックインで予約していたのに何も連絡がなかったからキャンセルされてて、train accidentと必死に訴えても
連絡がなかったから無理、今日の分の金をもう一度払って
と言われ前払いで払っていたのに一人15ユーロずつ払うことに。
まあ昨日の素晴らしいホテルに15ユーロで泊まれたと考えれば良しとしよう。

時間が惜しいので荷物をパッと置いて早速街散策へ。
まずはお昼ご飯を食べにパスタ屋さんに向かいました。
そのパスタ屋さんに向かう道中の列車の中でトラブル発生。

列車に乗っていたら突然若いがたいの良い兄ちゃんが二人やってきて我々の前で立ち止まり、

1ユーロくれ。

1ユーロ!?1ユーロくらいなら、、、と財布を出した瞬間に財布をパッと!!

という記事を事前に読んだことがあったので財布を出したら負けだと思い、しかしNOと断るのも怖かったため、英語が全く分からないフリをして3人で何言ってんだこいつと日本語で話していたらその兄ちゃんたちは舌打ちして

Fuckin Chinese!!

と悪態をつき、去っていきました。
いや、Chineseじゃないんだけど…まあなんの被害もなかったしいいか。
しかしめっちゃ怖かったな、、、

目的の駅について列車を降り、早歩きで歩いてレストランへ。
ここのレストランのウェイターがまた隣の西洋人の家族の客への対応と僕らへの対応が違いすぎて腹が立ちました。

IMG_6519

パスタはまあ美味かったけどコーラとパスタだけで19ユーロもしたし、気分がよろしくないまま店を出て次なる目的地、サンマルコ教会へ。

どうせ明日も乗るしと思って地下鉄の2日券買おうとして券売機の前で奮闘していたらじいさんが来てやり方を教えてくれました。
別にわかったけどまあ親切で良い人だなと思ったのもつかの間、チケットを買ったら買い方教えてやったから1ユーロよこせ、と。
そっちが一方的に教えてきただけやろふざけるなと思ってじいさんを無視して改札を通ったら後ろで鬼の形相で何かを怒鳴っていました。

もうミラノ怖い!

肝心のサンマルコ教会はというと、へぼすぎてびっくりしました笑。

IMG_6521

ネットで「ミラノ 見どころ」で調べたら出てきたので来てみたのですが、正直わざわざくる必要はないです。

ここまで踏んだり蹴ったりのミラノ観光。
テンションダダ下がりでお次はミラノ大聖堂へ。

IMG_6522 IMG_6524

ここはさすがに素晴らしかったです。
やはり観光するにはまず王道を攻めるべきですね。

IMG_6531

聖堂には135本もの尖塔があり、それぞれの頂点に聖人の像が立っています。
この建設にはなんと5世紀もの時間がかけられたらしいです!!

IMG_6533 IMG_6534

造りがものすごく細かいです。
感動しました。
これが人の手によって造られたのか…素晴らしいな。

IMG_6539 IMG_6540

門のデザインも素晴らしい。

ミラノ大聖堂、中には入りませんでしたが、外から見るだけでもとてもよかったです。
次は中にも入ってみたいですが!

IMG_6529

大聖堂の前には広場があって、その広場に騎馬像がありました。
広場は観光客で賑わっていたのですが、黒人の人が観光客に向けて鳩の餌を売り歩いていて、あちこちで餌をばらまくもんだから人より鳩の数がものすごかったです。

IMG_6525

銅像前にもこの量の鳩…
頭上を飛び交っていてフンを落とされないかものすごく心配でした。

大聖堂広場の横にはアーケードがあります。

IMG_6542 IMG_6544

この雰囲気、どこかで、、、
あ、ディズニーの入り口入ってすぐのお店が並んでる通りに似てる!
しかしここはファッションの街ミラノ。
ディズニーとは違って高級ブランド店が立ち並び、とてもじゃないけどこんなみすぼらしいTシャツ着た若者が気軽に入れるようなお店は少なかったです泣。

IMG_6546

天井部分はガラス張りです。
美しい、、、

雰囲気を味わいながら進んでいくと人だかりができており、なんだなんだと思って見てみると、出ました。有名な牛の紋章です。
ミラノのアーケードの床には様々な装飾がなされているのですが、その中の1つに牛の紋章があります。
この牛の睾丸部分がへこんでおり、そのへこみにかかとを乗せてくるくる回ると幸せになれるとか、旅人ならまたミラノに来ることができるとか、いろいろ言い伝えがあるそうです。
行列ができることも多々あるらしいのですが、幸いあまり待っている人がいなかったので、並んでくるくるしてみました。

力強くくるっと一周。
またミラノに来れますように。

牛の紋章のおかげか、前半はあまりうまくいってなかったけどなんだか楽しくなってきました。

アーケードを抜けた先の広場に銅像が。

IMG_6550

よくよく見るとレオナルドと書いてあります。

IMG_6551

そうです。かの有名なレオナルドダヴィンチです。
こんななんてことない小さな広場にもこのように風情ある銅像が立っているので、街歩きも楽しいです。

ダヴィンチさんを拝んでから再びメトロに乗り、次はナヴィリオ地区へ向かいます。
ナヴィリオ地区は紅の豚の街のモデルになったとか。
僕はジブリ好きなので結構楽しみにしていました。

IMG_6552

着きました!ナヴィリオ地区!
ここはめちゃくちゃ落ち着いた雰囲気の、とてもいいところでした。
スリの心配もいらないような、平和な場所です。

IMG_6558 IMG_6560

素晴らしい。
何時間でも過ごせそう。

iphone 20160825 003

ジェラートを買ってしまいました。
とても美味しかったです。
やはりイタリアと言ったらジェラートでしょう!

夜景を見たくて来たので、日が沈むまでピッツェリアで晩飯を食べようということに。
たくさんお店が並んでて迷ったのですが、店員さんが雰囲気良さそうなところに入りました。

iphone 20160825 004

まずはワインで乾杯。

IMG_6562 IMG_6564

そしてピザ。めちゃんこ美味かったです。
4種類のチーズのピザが最高でした。

店員さんが良い人すぎて思わず一緒に写真を撮りました。

日が暮れてきたので、カメラを持って運河沿いを散歩。

IMG_6568

良い雰囲気。

撮れました。ナヴィリオ地区の夜景。
ここは本当に良い場所でした。
次ミラノに来る機会があったらまた是非来たいです。

IMG_6579

日が落ちて完全に夜になってしまったので、名残惜しさを感じながらメトロに乗り、ホテルへ帰りました。

ミラノ観光、満喫できました。
明日はミラノを出て花の都フィレンツェへ行きます!

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です