エッフェル塔、アンヴァリッドへ

スポンサーリンク




ヨーロッパ周遊旅行初日パリ。凱旋門を拝んだ後はそのまま歩いてエッフェル塔へ向かいました。
凱旋門からエッフェル塔まではだいたい2kmちょっと離れています。歩いて30分ほど、途中メトロを使えば20分ほどで到着します。
パリ市内のメトロは区間がなく料金が均一1.9ユーロになってます。
僕たちは歩いて30分ほどなら歩いて行こうということでパリの街並みを味わいながらゆっくり歩いてエッフェル塔に向かいました。

img_5807

凱旋門からエッフェル塔へ向かって歩いていくと、広場につきます。そこでは黒人の人たちがエッフェル塔のキーホルダーや水、セルカ棒などを歩き売りしていました。広場をエッフェル塔の方へ向かって歩いていくと、高台になっているところからエッフェル塔を見ることができました。

img_5813

エッフェル塔に近づきすぎるとどうしても見上げる形になってしまうので、少し遠目から見たいという方にはお勧めです。後でGoogle mapで調べたところ、Trocaderoという場所でした。

その高台から階段を降りるとTrocadero Gardensという場所につきました。

img_5824

全くノーマークでしたが、なかなか良い場所でした。水の中に入って遊んでいる子供たちもいましたが、水は少し汚かったです。
道路を挟んだ向こう側にはセーヌ川が流れています。

img_5832

遊覧船があって乗ろうかと思いましたが節約のため断念しました。
ようやくエッフェル塔の真下へ。

img_5841

エッフェル塔、かっこよかったです。日本の東京タワーはエッフェル塔を参考にして作られたそうです。たしかに、形は似ていますよね。高さはエッフェル塔より東京タワーの方が少し高いらしいです。
エッフェル塔もお金を払えば上に上れてパリを一望できるそうなのですが、これも断念。今思えばエッフェル塔くらい上っておけばよかったなと少し後悔しています。

初日、朝にシャルルドゴール空港についてからコンコルド広場、シャンゼリゼ通り、凱旋門、エッフェル塔と歩きっぱなしだったので近くのシャンドマルス公園の芝生でバックパックを置いて一休みしました。

img_5842

とても静かな公園で、現地の人たちが思い思いに散歩したり遊んだりランニングしたりと、自由に過ごしていました。観光に疲れて休憩するにはとても良い場所だと思います。

img_5844

日陰で座って休んで体力も回復したところで、今日の最後の目的地、アンヴァリッドへ向かいました。
シャンドマルス公園からアンヴァリッドは1.5kmほどで歩いて20分くらいで着くので、またも電車賃をケチって歩いていきました。
8月のパリは日本のように湿気がなくカラッと乾いた暑さなので過ごしやすいのですが、乾いているが故にすぐのどが渇きます。売店で大量に水を買いました。水分補給、大事ですよね!

img_5847

歩くこと20分、アンヴァリッドが見えてきました。
入る前に荷物検査があります。迷彩服着て銃を持った軍の人に荷物の中身を見せてOKをもらって、敷地内に入ります。

img_5851

外観、きれいです。豪華です。
アンヴァリッドにはナポレオン一世の柩が置かれています。僕たちはそれ目当てで来ました。
しかし柩があるのは当然建物の中。入るのに11ユーロかかります。今まで凱旋門にエッフェル塔にとひたすら入場料をケチってきた僕たちですがさすがにここはケチったら目的のナポレオンの柩が見れなくなってしまうので、決死の覚悟で11ユーロ払って中に入りました。

中には柩以外にも軍事博物館があって、世界大戦時の資料が展示してありました。

img_5857

軍事資料館を出ると中庭へ。

img_5856

メインのナポレオンの柩はあのドームの建物の中にあります。

img_5858

ドームの天井。めちゃくちゃきれいでした。西洋美術やキリスト教には全く詳しくないのですが、そんな知識のない僕でも見とれてしまいました。

img_5861

柩です。想像より大きく、立派な柩でした。
ナポレオンに(フランスに)お邪魔しますとご挨拶をしましてアンヴァリッドを出て、この日の観光は終わりにしてホテルへ向かいました。
ホテルは中心部から離れた13区にあるホテルキリヤードに泊まりました。
この日はバックパックをずっと背負いながら歩いていたのでほんっとに疲れました。
夜はホテルの近くにあったピザ屋でピザを食べました。店員のお兄さんがすごく良い人でした。

iphone-20160816-065

ようやく初日が終了。残り40日。明日はスペインへ移動です!!

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です