中国周遊旅行最終日!上海観光!

2018年3月18日。
中国周遊旅行27日目。
今日はついにこの旅行の最終日。
武漢から上海に移動し、最後の夜を楽しみます!

朝6時半頃に目が覚めて、ゴロゴロしながら二度寝しようと思ってたら6時45分にセットしといたアラームが鳴ってしまったので仕方なく起き上がり、荷造り開始。
7時半頃宿を出て、地下鉄に乗って漢口レイルウェイステーションへ。
さすがに日曜の朝7時代だから地下鉄座れるでしょう思ってたけど、そんな甘い世の中ではなく、鬼のように混んでました。
なんでやねーん。

8時半頃漢口レイルウェイステーションに到着。

エスカレーターで上がって構内へ。

めっちゃ人がいる中なんとか空いてるベンチを見つけて座り、列車の時間を待機。
列車出発する5分前には改札閉めるって言う割には10分前まで改札開けないという中国の駅、、、
マジピーナッツです。
ようやく改札が開いて、列車へ。

もう見た目完全に日本の新幹線!
親近感を覚えつつ列車に乗り込みます。
中もまんま新幹線で快適でした。

武漢から上海までは列車でなんと6時間!
長いーーーー。

最初の4時間は延々とポケモン。
コドラがボスコドラになったあたりで電池が切れてしまったので、残り2時間は音楽を聴きながら
ボーーーーーーーーーーーーーーー
っとしてました。

そんなこんなで15時20分頃にようやく上海に到着!

いやーー今回の旅行も北京IN、上海OUTの航空券しか取らずに来たけど、無事周遊して上海にたどり着くことが出来ました。
案外なんとかなるもんやな。

すぐに地下鉄に乗り換えて宿へ。
上海の地下鉄は予想通り激混みでした。
地下鉄を乗り継いで最寄り駅に行き、宿へ向かいます。
今回の宿はメールで行き方教えてくれてるし、近くまで行ったら看板まであったので超優秀でした。

この4週間でホテルの場所探しのプロと化した我々からしたら朝飯前物件でした。
宿についてチェックインして荷物を置き、カッスカスのWiFiを使ってなんとかリサーチをして、上海の美味しいレストランを見つけてそこに行ってみることにしました。
最後の夜なんでパーっとやろう!ということで。

さすがに今日まだ何も口にしていないので腹減りすぎ状態、、、
そんな中彼らと出逢いました。

エッグタルト、、、
しかも1つ4元!!

黄金に輝くエッグタルト、、、なんと美しい。
気づいたら買ってました。
空きっ腹エッグタルトは最高に美味でございました。
タルトを食べながら地下鉄を乗り継いで目的のレストランへ。

最寄り駅からは外に出てちょっと歩きます。

さすがに上海は都会ですね。
あいにくの雨が残念。

レストランに到着!
grandmotherと書いてます。

上海姥姥というお店です!
ここは上海人のおばあちゃんの味を再現しているお店、らしいです。
観光客向けの店よりも味に期待できそう!

店内は2階もあったのですぐに座れました。
メニューがありすぎて悩みました。
どれもこれも美味そう、、、
いつもは節約のため1人1品プラス‪α‬くらいしか頼まない僕らですが、今日は最終日なので何も気にせず欲望のまま注文。
結果前菜は青菜炒めと豚肉料理、メインは麻婆豆腐と角煮、さらにスープ、ご飯、紹興酒とやりたい放題!
うっひょーーーーーー!

まずは紹興酒がご到着し、乾杯。
27日目にして初めての本場の紹興酒。
めちゃくちゃ美味かったです。
スイッチが入りました。

続いて来たのが麻婆豆腐。
四川省の成都で食べた激辛のものとはまた違い、優しい味でまさにおばあちゃんの味!!って感じでした。

そして豚肉料理。
こやつも見た目通り美味しい!

スープは量がかなり多くてびっくりしました。
が、味が濃ゆいものを食べた後に飲むと口の中を癒してくれる、癒し系名アシスタント。

そして上海料理名物、角煮!!
紅焼肉という料理らしいです。
濃厚な味の角煮も、それに添えられた煮卵も、最高級に美味しい、、、!

そして隠れた絶品青菜炒め。
ただの菜っ葉が何をどうしたらこんなに美味くなるの!?と叫びたくなるくらい美味い!

口にするもの何から何まで全てが美味しかったです。
なんというレストランなんだ、、、
もっと大勢で来たらいろんなもの頼んでシェア出来たのになぁ。
2人だとこれが限界。
もっと食べたいものたくさんありましたが、今回はこのへんにしときました。
ここは是非、もう1回来たい!上海なら日本から近いし!

大満足して、パンパンに膨れ上がったお腹を抱えながらおばあちゃんの店を出て、せっかくなので外灘を見に行きました。
食いすぎでぶっ倒れそうでしたが、外の空気を吸ったら多少良くなりました。

おばあちゃんのレストランから外灘は近く、歩いて行ける距離にあります。

かっこいい建物が多いです。

そして何より、中国とは思えないほど道が綺麗!

霧がかかっててモヤモヤしてましたが、夜景も綺麗でした。

観光客でワイワイ賑わってました。
雲南省や重慶といった他の観光地では中国人観光客しか見ませんでしたが、上海は割と外国人観光客もいました。

中にはこんなイルミネーションゾーンも。
ここはねー、出来れば彼女と来たかったですね笑。
そんなことを思いながら写真を撮り、外灘の次は豫園へ。

歩いて行ったんですが、ちょうど21時頃に到着したら、ちょうど21時に入口の明かりがふっと消えました。
そう、なんと21時までだったのです。
なん、、だと、、、
リサーチが足らなかった、、、
まあ上海はいつでも来れるし、いいよ。うん。

仕方なく周辺の写真を撮って、近くの店を見渡すとロイヤルミルクティーの文字が見えたのですぐさま買って、散歩がてら地下鉄の駅までのほほんと歩いて地下鉄に乗り、宿に戻りました。
着替えてベッドにぶっ倒れたらそのまま夢の中に誘われ、中国最後の夜は呆気なく幕を閉じました。

こうして京都大学卒業旅行である、中国4週間周遊旅行が終了しました。
中国って近いのに何故か日本人あんまり行きたがらないですが、行ってみると飯は安くて美味いし、絶景はたくさんあるしでめちゃくちゃいい所でした。
今回は東半分をぐるっと回ってきましたが、次はチベットとかシンチャンウイグル自治区とかの西半分も行ってみたいなぁ。
是非皆さんも中国旅行、検討してみてください!

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

[ad#co-1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です