世界遺産!レボチャ歴史地区とスピシュ城!

2018年9月15日。
中欧周遊旅行8日目。
昨日はあいにくの雨の中、ザコパネで1日のんびり過ごしました。

雨天のザコパネ観光

本日はスロバキアのレボチャスピシュキーポドラディエという小さな町を回りながら、夜はハンガリーのエゲルという町に移動します!

早朝のバスに乗車

朝6時5分発のバスに乗るため、今朝はなんと4時半に起床。
くっそ眠い目を擦りながら起きて、ノロノロと着替えて準備して、5時10分くらいに宿を出発。
駅まで歩きました。

当然のことながら外はまだ真っ暗。
駅まで結構な距離がある中、昨日の日記を書きながら歩きます。
無事に時間に間に合い、6時5分発のバスに乗車。

ポーランドを出てスロバキアを目指します!

今日の予定はスロバキアにある世界遺産、レボチャ歴史地区スピシュ城を見に行き、そのまま南下してハンガリーに入るという感じです。
よって、とりあえずスロバキアのレボチャという町を目指します!

ポプラドで乗り換え

バスの中は眠過ぎて爆睡してたら、いつの間にか乗り換え地点・ポプラドというところに着きました。
ここでポプラド→レボチャのバスに乗り換え。

朝早すぎて全然人がいない。
バスで行こうと思ってたんですが、田舎すぎるのかなんなのかわかりませんが全然バスの本数がない
そして一応人に聞いて1番近い時間のバスを待ってたんですが、時間になっても来ない
もうわけがわからん!ってなって、えいやっ!とタクシーに飛び乗ってしまいました。

レボチャ歴史地区散策

ポプラドからレボチャは結構近く、30~40分で到着。
まだ少し雨が降る中、世界遺産と言われる町・レボチャを歩きます。

「どこでもいいからレボチャの中心街で降ろしてくれ」と頼んだところ、はいよっ!とここで降ろされました。
聖ヤコブ教会です。
数枚写真を撮って、テキトーに進みます。

街並みが可愛らしいです。
しかし、もう8時半になるのに外に人が全くいない
ゴーストタウン!?

またカッコイイ建物が見えてきました。

旧市庁舎です。
素晴らしい!
さすが世界遺産の町…カッコイイ建物が並びます。

誰も外にいない静かな町を散策。
雨は止んでくれました!

観光客でガヤガヤしてる町よりもいいか…と思ったんですが、これはこれでなんか寂しい笑。

スピシュキーポドラディエへ

さて、地球の歩き方のレボチャのページを見ると載っていた建物はさっきの2つくらいだったので、レボチャ散策はこの辺にしてスピシュ城に向かいます。
とりあえず地図に載ってるバス停まで歩きました。

超閑散としてるけど。
ほんとにバス来るんか?と思いつつ、待ってたら1台来ました!
しかし運転手に「スピシュ城に行きたい」と伝えるとこれじゃないと言われ、ガビーン状態。
途方に暮れてまたタクシーを拾ってしまいました笑。
そんなこんなで10時頃次の街・スピシュキーポドラディエに到着!

後ろにそびえ立っているのがスピシュ城です。
かっけえ!

とりあえず次の移動のバスチケットを手に入れるためにバスステーションを探しながら歩きます。

レボチャに負けず劣らず街並みは可愛らしい。
そしてこっちは人がいる

1つバス停を見つけたんですが、チケットを買うような場所はなし。
ちょんまげのヤンキーが騒いでいました
どこの国にもいるんだなぁヤンキーって。

街の周辺地図。
人目で田舎なんだなって伝わってきます笑。

次はGoogleマップで見つけた駅に向かって歩きました。
しかし着いたらビックリ。

超さびれてる
というか廃駅でした。
駅員なんているわけもなく、チケットも買えません。
ということでもうバスのチケットは乗る時に運転手から買えばいいやと思い、とりあえずスピシュ城に行くことに。
Let’s go!

今日のメイン・スピシュ城!

あいつに向かって歩いていきます。
重たいバックパックを担いで行く覚悟でしたが、麓に着くと小さな売店を発見。
そこのおばちゃんにダメもとで頼んでみると、荷物を置かせてもらえることになりました。
ありがとうおばちゃん!やっぱ田舎は人が優しい!

身軽になったところでずんずん登っていきます。
結構傾斜がきつい。

途中振り返ると町が見渡せました。
晴れてたらもっと良い景色なんだろうに!

赤い屋根が可愛い。

違う方向には動物の群れも見えました。
なんだあいつらは!

登って登って、ようやく城壁に到着。
町と反対側は見渡す限り緑!

立派な城です。
こんな高い丘の上にこれだけの量の石を運んでくるの、スゴい労力いるだろうなぁ。

門にはスロバキアの旗。
と、門を抜けたところに入口がありまして、6ユーロと書いてました。
有料かーい!
まあ、経験上城は近づきすぎるより遠くから全体を見た方が綺麗なので、ここで退散することに。

入口から有料エリアを撮って退散。
スピシュ城は結構観光客がいました。

立派な城壁。
万里の長城を思い出すなぁ!

元きた道を下山してると、さっき遠くに見えた動物の群れが横断してました。

正解はでした!

追いかけて後ろからパシャリ。

結構な数の牛たちが歩いてました。
彼らはどこに向かったんだろう。

ということでスピシュ城観光終了!
城もかっこよかったですが、丘から見える町並みも綺麗でした。

コシツェで乗り換え

丘を下りて荷物を預かってもらったおばちゃんのとこでアイスを食べて、さっき見つけたちょんまげヤンキーのいたバス停へ。
時刻表によると、13時5分発のバスがあるらしい。
が、やはり時間になっても、時間を過ぎてもバスは来ず
なんなんだ今日は!バス全部ストライキかい!?
半ギレでタクシーを探すも、今度はタクシーさえ見つからず。
途方に暮れて人に聞いて電話してタクシーを呼びました。
今日はタクシー使いまくりだなぁ。

スピシュキーポドラディエを出れたのが14時20分。
丘を登って疲れて、タクシーの中は全員爆睡してました。
1時間後の15時15分に乗り換え地点のコシツェという街に到着。

スロバキア第2の都市なだけあって、コシツェはさすがに都会でした。
田舎はのんびりしてていいなぁとか言ってたけど、こうなってくるとバスやタクシーが普通に走ってる都会の方が安心します笑。

「駅で降ろしてくれ」と言ったつもりだったけど、何故か駅から結構離れたところで降ろされたので駅まで歩きます。

遠目から聖エリザベス大聖堂を見つつ駅へ。

今日初めてのまともな駅に出会えました。
ちゃんとチケットオフィスもあり、無事にエゲル行きのチケットを購入!
コシツェ→エゲルは電車で行きます。

時間まで少しあったので、腹が減ったし来る途中に見つけたマクドナルドへ。
ビックマックセットを平らげました。
今日は朝からチーズとチョコとアイスしか食べてなかったので、ハンバーガーが五臓六腑に染み渡りました。

17時半頃マクドを出て駅へ。

18時2分発の列車に乗り込み、今日の最終地点・エゲルを目指します!

さらばスロバキア。
ハンガリーにGO!
今日はずっとタクシー移動だったので、列車移動は快適でした。

ハンガリーのエゲルに到着

1回どこかで乗り換えて、21時過ぎにエゲルに着きました。

駅前です。
タクシーがいなかったので仕方なくラップバトルをしながら宿まで歩きました。

途中ライトアップされた立派な建物が出現。

大聖堂かな?
この辺りは結構人で賑わってました。
噴水も綺麗!

EGERの文字。
明日の観光が楽しみだ!

宿が少し分かりにくいところにあって、見つけるのに苦労しましたがなんとか発見。
オーナーのおばあちゃんがよく喋る人で、一通り説明を受けた後解放されて、シャワーを浴びたところで力尽きて寝ました。
明日はエゲルの美女の谷に行きます!

↓↓あわせて読んでほしい記事↓↓

美女の谷!ワインの街エゲル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です