大自然!トンガリロ国立公園!

2017年3月5日。
ニュージーランド縦断旅行14日目。
昨日ウェリントンからタウポに移動し、タウポ湖を見てきました。

NZ最大の湖・タウポ湖!

今日はいよいよ楽しみにしていたトンガリロ国立公園のトレッキングツアーに参加します!

トンガリロトレッキング開始!

トンガリロのツアーに参加するため今日は朝4時半に起きなければならず、マジかよと思っていたのに何故か3時に目が覚めてしまいました
4時半まで寝ようと思ったけど寝れず、ベッドでゴロゴロして過ごして準備して5時に朝御飯を食べて5時20分にツアーのバスが宿の前に迎えに来てくれて乗車。
ベッドでは寝れなかったのにバスの中では1時間大爆睡をかましていました。
起きたら夜が明けかけていてスタート地点に到着。

いろいろコースがありますが、僕が行くのは一番上の19.4kmのコース。

夜明けのスタート地点からの景色はもう絶景でした。
地平線が青とピンク色に染まってる…

ということで、トンガリロトレッキングスタート!!
19.4kmって冷静に考えたらかなり長い気がしますが、頑張って歩いていきます。

後ろを振り向くと美しい朝焼けが見えます。
頑張って早起きしてよかった…!

前方には火山が見えます。
朝日に照らされて綺麗です。

道の両サイドはこんな感じで全く整備されてないです。
こっちの方が冒険感があって好きです。

この細い道を写真を撮りつつ前へ前へと進んでいきます。

途中に滝を見つけました。
四方八方大自然です!

だんだん明るくなってきました。
皆頑張って坂道を上っています。

絶景のオンパレード

火山が目の前に!
火山の頂上まで行くコースもありましたが、ただでさえ19.4kmもあるので体力温存のために断念。

雲の上にいます。
めちゃくちゃ良い景色!

火山を過ぎるとだだっ広い平坦な道に。
こういう道を音楽ガンガンにかけながら車で走り回りたいーと思いながら歩いていきます。
やがてまた上り道に。
上った先にまたもや絶景が!

素晴らしい。
ただ頂上は風がすごく、本気で吹き飛ばされるんじゃないかと思うほどでした。

火山が見えます。
実はあの火山、ロード・オブ・ザ・リングホビットに出てくる滅びの山だそうです。
映画好きにはたまらないロケ地ですね!

火山と反対方向には待望のブルーレイクが見えます!
想像よりずっと大きいです。

そして下にはエメラルドレイク
トンガリロと言ったら、で思いつく景色が一気に見れます。
天気が良すぎて日光反射しまくりですが、楽しみにしてた景色が見れました。

坂道を下りてエメラルドレイクに近づいてみました。
奥に見えてる人が粒のように見えるほどのスケールです。
すごく綺麗な色!

進行方向にさっきとは別のブルーレイクも見えます。

こいつも綺麗な色ですねー!
このレイクからは蒸気が出ており、硫黄の臭いがしました。

地面からも湯気が出ているポイントがいくつかありました。

滅びの山がだんだん遠くなっていく。
大きい方のブルーレイクに向かって歩いていきます!

到着!
かなり大きいですね…レンズに収まりません。
空と同じくらいの綺麗な青です!

ブルーレイクを過ぎて再び上り坂。

下山も楽しいトンガリロ

火山地帯を抜けると今度は下り道に。

奥に見えている雲海がとても綺麗です。
国内でも何回か雲海を見ようとチャレンジしたんですが、ここまで綺麗な雲海は見たことないです。

後半はひたすら下り道。

こんな感じの細い道をずんずんずんずん下っていきます。
音楽を聴きながらノリノリで歩いていきました。

火山やレイクも綺麗でしたが、こっちはこっちで素晴らしい景色です。
トンガリロトレッキング、最初から最後まで楽しませてくれます

大量のススキが生えています。
超絶良い天気で、開放感がハンパない!

最後の2,3kmは緑の中の道でした。
他に歩いてる人が少なすぎて本当にこっちで合ってるのか不安になりましたが、無事にゴールの駐車場に到着。
12:15頃には着いたのですが、バスがなかなか来なくて結局チェックインしてバスの中に乗り込めたのは14時半くらい。
19.4kmはさすがに疲れましたが、それでも最高に楽しかったですトンガリロ

疲れすぎてタウポまでバスの中で爆睡。
16時半くらいに宿に帰って17時過ぎまで休憩した後スーパーに行って食料を調達し、宿に戻って晩御飯。
今日はステーキ。

昨日の夜が楽しすぎて今日の晩御飯は寂しかったです。
腹も満たされたところでシャワーを浴びて就寝。
14日目終了。
明日もタウポ観光です!

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

↓↓あわせて読んでほしい記事↓↓

迫力満点!フカ滝&クレーターオブザムーン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です