曇天と腹痛の武漢観光

2018年3月16日。
中国周遊旅行25日目。
昨日は元陽の多依樹にて素晴らしい朝日を拝んだ後、My sweet home 昆明に帰ってきました。

朝イチの絶景!元陽・多依樹の棚田と朝日!

今日は朝の便で昆明から武漢に移動し、武漢観光をします!

飛行機で昆明→武漢に飛ぶ

昨日は昆明の空港の24時間営業のケンタッキーのソファで寝ました。
おかげで3時半くらいに寒すぎて目が覚めて、寒さを凌ぐために丸まってたらいつの間にか丸まったまま寝てました。
寒い日に丸くなってる猫の気持ちがよく分かりました。
丸まるって素晴らしい!

今度は6時前に目が覚めて、寒さでお腹が痛くなってしまったのでトイレに行き、帰ってきて荷物整理。
6時半頃にケンタッキーを出てチェックイン。

国内線なので一瞬で手続きが終わり、荷物検査を通ってお土産を見ながら搭乗口へ。
お土産を見ていたらベラベラ中国語で何かを話しかけてくる店員さんがいて、
「いやごめんやけど我々日本人だから何言ってるかわからんよ」
って日本語で言うと
「あーーーーっ(納得した様子)」
と店員さん。
理解してくれたのかと思いきや、また中国語で何かをベラベラ話しかけてきました。
いや、だから、何言ってるかわからんて!笑

彼女が必死に我々に何を伝えたかったのか、わからないままお別れをして搭乗口へ。
7時半くらいに搭乗口が開いて、バスに乗って飛行機へ。

想像の3分の1くらいの大きさでびっくりしました。
預けた荷物はほんまに乗ってるんかな?と心配になるくらい。

昨日ほどではありませんでしたが、朝日が綺麗でした!

そんな小さい飛行機に乗り、8時20分くらいに離陸。
お腹が痛すぎてまたトイレにこもり、帰ってくると機内食が配られてました。

謎のバーガー。
そして写真には写ってませんがバナナも。
腹痛でバーガーは食べる気が起こらず、バナナだけいただいて後は音楽を聴きながら無の境地に入ってました。

武漢に着き、明日の列車を確保

10時20分くらいに武漢に到着。
鬼の曇天。
飛行機を降りて荷物を拾い、まずは明日の上海行きの列車のチケットを手に入れるために漢口レイルウェイステーションへ向かいました。

漢口駅に着いて、地下鉄の駅とレイルウェイステーションが繋がっていることに感動を覚えました。
昆明は一駅分くらい歩かされたからなぁ笑。

チケット売り場は鬼のように混んでました。
腹がものすごく痛む中行列に並びらようやく我々の番。
明日の赤壁への往復チケットと、上海行きのチケットを購入。
全部で300元しました。
クーー!たけえな畜生め!

おなじみ宿探しイベント

一仕事完了し、地下鉄に乗って宿へ。
漢口駅から宿はなんと地下鉄で14駅もあってすんごい遠かった…

宿の最寄り駅に着き、Googleマップの示す方向へ。
歩いていったんですが、Google先生の示す場所についてもホテルは見つからず。

出た出たホテルがマップ通りに存在しない問題!!

しかし中国に来てからこの状況は幾度となく陥ったので何も慌てず、周囲の人に尋ねながら宿探し。
運良く1人英語が話せる人を捕まえて、住所を見せてこれどこだと聞いてみると
「あの高い建物の周辺だ」
とお兄さん。

彼の言葉を信じ、大きなマンション的な建物の近くまで行くと、B棟という文字が見えました。
住所にはD棟と書いてあるのでDを探して歩き回り、人に聞きながらようやく見つけて、さらに住所にはRoom1705と書いてあるので17階に上がり、頼むーー!と祈りながら1705号室をノック。
するとおっちゃんが出てきました。

「ここ、メイヤーホステルで合ってる?」

そうだ

勝った…!
確実にホテル探しのスキルが上がってる。
こんな技術日本に帰ったら絶対いらんけども!笑

チェックインしようとするもそのおっちゃんは全く英語が話せず、その場にいたスタッフなのか客なのかよーわからんお姉さんが英語で通訳してくれました。
なんでも、ここはガールズルームでボーイズルームは違う建物にあるとのこと。
ということでチェックインしてお金を払った後、おっちゃんについてボーイズルームへ。
ボーイズルームはA棟にありました。

見た目普通のマンション。
こんなんよー見つけたな俺ら!
今日はドミトリーで、お世辞にも良いホステルだとは言えませんでしたが、WiFiが強いだけまあ良しとしよう!

赤壁高すぎ問題

腹痛がまだ治らず、痛すぎるのでベッドに横になって休んでいたらいつの間にか寝てました。
ホテルに着いたのが14時過ぎで、15時半くらいまで寝てて、目を覚まして今日これからどうする?と友達に聞くと、彼は僕が寝ている間にとんでもない事実を発見していました。
なんと、明日行くつもりだった赤壁は入場料が150元もかかるらしい。

150!?
ひゃくごじゅう!?

高すぎ!
やめよう。
でも赤壁への往復チケット買っちゃった…
払い戻してもらおう。

ということで、16時ちょい前くらいに宿を出て、東湖を見てからレイルウェイステーションにもう一度行き、払い戻しをしてもらうことにしました。

武漢名物"熱干麺"

宿を出ると、宿の前の通りにはご飯屋さんが並んでました。

こーんな美味そうな串でさえも、腹に激痛が走る今の状態では食べたいと思えません。
くっそ…何故こうなった…
十中八九昨日昆明の屋台通りで食べすぎたせいや…
自分がアホすぎて悲しい。

ちょっと歩いていくと今度は熱干麺のお店を発見!

熱干麺は武漢の名物料理
武漢に来たら熱干麺は食べないと帰れない!
らしいんですが…そんな熱干麺さえも受け付けない絶不調の僕の腹。
友達は嬉しそうに注文してました。

これです。
めっっちゃ美味そうでした…
2本だけ貰いましたが、最高に美味でございました。
ただ2本が限界でした笑。

曇天の東湖風景区

(友達が)熱干麺を平らげたらバスに乗って東湖風景区へ。

マップを見て近いところまで来たらテキトーにバスを降りて、そこから歩いて向かいます。

出入口は結構しっかりしてました。
が、無料で入れます!

結構緑豊かです。

そして湖。

草が浮いてます。
カエルがいそう。

たまにこういう立派な建物が立ってました。

そして湖!!
広大です!
さっきのは池だったのかな?
ただ曇りなのが残念…

並木道。
木は皆背が高いです。
冬なんで全部枯れてますが笑。

立派な寺は改修工事中でした。
くっそー…とことんついてねぇな!

いい感じの橋を発見。
バックが青空だったらなー。
映えてたかなー。

ボートの中で揺られてる人もいました。
マイボートなんかな?
すげえ!

結果、東湖は曇りで全然写真映えはしませんでしたが、散歩するには良い場所でした。
しかし東湖を歩いてる時が腹痛のピークで、僕は意識朦朧とした中で散歩してました。
次来る機会があったらはっきりとした意識をもって晴れの日に散歩したい…

結構歩いてそろそろ駅に行こうかということで、出口へ。

出口に向かう途中、ドレスを着た女性とタキシード着た男性が写真撮影してました。
結婚式かな?
晴れてほしかったですねーーー。

払い戻しに成功し、宿に帰還

ということで東湖風景区をあとにし、地下鉄に乗って今度は武昌レイルウェイステーションへ。
到着して2番のチケットオフィスに行くと閉まってて絶望。
もう胃痛も限界が来ててあまり動きたくない状態だったんですが、友達がそれを悟ったのか1番のチケットオフィスを見に行ってくれました。
僕はその間ベンチで死んでました。
友達が戻ってきて、払い戻し出来たけどパスポートいるから結局僕も行かなあかんと言われ、腹を抱えながらチケットオフィスへ行きました。
手数料で7元取られましたが、30元返ってきました。
30元はデカいぞ…!

こうして無事チケット払い戻しを完了した後、地下鉄で宿の最寄り駅まで戻り、宿に帰る途中で八百屋を発見してパインを買って帰りました。
歩いてる時は腹痛しんどかったけど、寝っ転がるとだいぶマシに。
寝っ転がってケータイをいじりながらパインを食べて薬を飲んで寝ました。
明日は胃痛が治ってますように…

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくださるとうれしいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

↓↓あわせて読んでほしい記事↓↓

腹痛を乗り越え武漢食べ歩きツアー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です