めちゃくちゃ綺麗!雲南省の絶景スポットまとめ

您好! 我想吃一個熱狗!

皆さん、中国と聞くとどこを思い浮かべますか?
北京、上海、重慶、成都、、、

僕は2018年の春、1ヶ月かけて中国の東半分を回りました。
その旅で印象的だった場所があります。
それは雲南省

雲南省には息を呑むほど美しい絶景がたくさんあります。
今回は僕が実際に訪れた、雲南省の絶景スポットを紹介します。

東川紅土地

まずはいきなり超マイナースポット、東川紅土地

いや、どこやねん!

と思う方がほとんどでしょう。
東川紅土地は、雲南省の省都である昆明から北へ、バスで4時間行ったところにあります。
結構難易度高いかもしれませんが、行く価値は大アリです。
正直、ここが一番好きだったかもしれない。
それでは、東川紅土地の見どころをご紹介!

絶景!紅い土の棚田

東川紅土地の見どころは、ズバリその名の通り紅い土の棚田です。
ご覧のように、ほんとに土が紅いんです。
真っ赤な土に白い建物が映えています。

そしてこの棚田のスケール!
スゴすぎ…!
こんな棚田、いったい何年かけて作ったんだろう…
この写真、間違いなく中国で撮った写真ベスト5には入ります!

樹齢千年の神樹

棚田だけではございません。
東川紅土地にはこんなに立派な大木もあります。
なんでも樹齢千年で、神樹と呼ばれてるんだとか。
この木は千年もここに立ってて、この世界を見てきたのか…と思うと不思議な気持ちになります。

さすがは樹齢千年。
トトロに会えそうな雰囲気。
もしくは犬夜叉が封印されてそうな雰囲気。
想像を膨らませながら神樹を眺めるの、なかなか楽しいです!

夕焼け/朝焼けと棚田

どこでも夕日は美しいですが、ここで見た夕日はまた抜群に綺麗でした。
ただでさえ紅い棚田が、夕焼けによってますます赤くなり…
中国のド田舎でデーンと座り、棚田を眺めつつ夕日が沈んでいくのを眺める。
こんなエモい過ごし方があるでしょうか。

もちろん早朝の朝焼けも綺麗でした。
運良く見れた光のカーテン!
朝から昼、夕方まで、いろんな姿を見せてくれる東川紅土地、オススメです!!

羅平

紅い絶景の次は、黄色の絶景です。
その絶景は羅平という街にあります。
私の大好きな番組、世界の果てまでイッテQでも取り上げられていたので、東川紅土地よりは知名度高いかな?
それでは、羅平の見どころを紹介!

黄色い絶景、牛街

まずは牛街というスポットです。
見てくださいこの景色!
この黄色いの、ぜーんぶ菜の花です。
さっきの棚田も凄い規模だったけど、この菜の花畑も負けてない。
一面菜の花で真っ黄色です。

この牛街は、広大な菜の花畑を上から見下ろす系スポットです。
しかし

もっと間近で菜の花を見たい!

という方もいるでしょう。
そんな方にオススメなのが、次のスポット!

更なる絶景、金鶏峰

牛街より規模がでかく、絶景なのがこの金鶏峰
ここはほんとに、見渡す限り菜の花畑です。
いったいどごまで広がってるんだ!?って叫びたくなるほど広大です。
ここまで来ると、凄すぎて言葉が出てきません。

また、さっきの牛街と違って菜の花畑に入ることもできます。

こんな写真だって撮れちゃいます!
いいでしょう?
インスタ映えを狙うなら、牛街より金鶏峰!

美味すぎる蜂蜜

羅平の魅力は菜の花畑だけにあらず。
この無限にある菜の花から取れた蜂蜜が、発狂するレベルで美味いんです。
そんな大袈裟な…って思うでしょう!?
でもこれ、マジなんです!

金鶏峰でジャガイモやよもぎ餅を焼いているおばちゃんがいて、それを買って蜂蜜つけて食べてみたら、美味すぎて驚愕しました。
蜂蜜って、こんな美味かったけか…?
しかもジャガイモもよもぎ餅も1つたったの約30円。
蜂蜜はかけ放題。
こんなの、食べすぎるなって方が難しい!

夕日と菜の花

蜂蜜に夢中になっていたら、あっという間に夕方に。
羅平の夕焼けも超絶綺麗でした。
夕日の赤と菜の花の黄色が絶妙にマッチ。
頭の中が蜂蜜でいっぱいになっていると見逃してしまうので、ご注意を!

石林

続いては石が作り出す奇景、石林
ここが恐らく一番行くのが簡単です!
省都昆明から電車で2時間くらいで行けます。

石林は世界遺産に登録されており、風景区に入るにはお金がかかります。
気になるお値段は175元
1元17円だとすると3000円弱ですね。
それでは、石林の見どころにGO!

迫力の大石林

"石林"と聞いて、ぱっと頭に浮かびそうな景色が見れるのが大石林です。
文字通り巨大な石の林で、上から眺めるとなかなか迫力があります。
こんなものがどうやったら天然で出来るのか、さっぱりわかりません。

石林と書かれた巨石もあります。

こんなカッコイイ写真も撮れます!
これはLINEのプロフィール画像確定ですね。
是非イカした写真を撮りましょう!

緑が美しい小石林

大石林は石!石!石!って感じでしたが、小石林は緑豊かです。
凄いけど、モノクロの世界は飽きた…って人にオススメ。
巨大な石たちと芝生の緑&空の青とのコラボレーションを見ることができます。
小石林と言っても石が小さいわけではないので、ご安心を!

九鄉

続きまして紹介するのは九郷風景区
ここはまた結構マイナースポットかもしれません。
僕も日本を出る前は知りませんでした。
日本人にはあんまり知られていないスポットに行きたい!という方にはオススメです。
それでは、九郷の見どころを紹介します!

探検気分のボートツアー

九郷も風景区内に入るにはお金がかかります。
大人1人90元。
約1500円。
入った先にボート乗り場があるのですが、入場料を払っているのでボートは無料で乗れます。
ライフジャケットとヘルメットを渡されたので、もしかして結構濡れるのかとドキドキしましたが、普通に平和なボートツアーでした。

結構な崖に挟まれた川を、ゆっくり進んでいきます。
アドベンチャー気分が味わえて楽しいですよ!

カラフルな鍾乳洞

もちろんボートだけではありません。
むしろボートはおまけみたいなものです。
九郷の一番の見どころは、カラフルにライトアップされた鍾乳洞です。
日本の秋芳洞にも行ったことがありますが、さすがにここまで色のついたライトアップはされていませんでした。
世界各地に鍾乳洞はありますが、ビビッドカラーで照らされた鍾乳洞が見れるのはそんなに無いと思います。

テーマパークのような雰囲気。
ここはカメラ持ちにはたまらないスポットではないでしょうか?
走り回ってパシャパシャ写真を撮りまくりましょう!

元陽

雲南省の絶景第5弾は、元陽の棚田です。
ここは結構有名な場所だと思います。
東川紅土地や九郷は中国人の観光客ばかりでしたが、元陽は欧米人観光客も結構いました。
日本人には1人も会いませんでしたが笑。

ということで、元陽の見どころにGO!

老虎嘴✕夕焼け

まずは老虎嘴
日本語読みはわかりませんが、中国語読みでは"ラオフーズイ"と読むらしいです。

日本で棚田をあまり見たことないんですが、老虎嘴の棚田は物凄いです。
こんなのどうやって作ったんだ!?って思うくらいの規模のデカさで、圧倒されます。
もう山一帯が全て棚田化されてる感じ。
凄すぎて、開いた口はしばらく塞がらないでしょう。

ここ老虎嘴は夕焼けスポットとして有名です。
元陽は一つ一つのスポットが結構離れており、タクシーも無いので、バスツアーに参加して回るのが基本です。
ツアー代は50元。
約850円。安い!
バスツアーに参加すれば、老虎嘴はちゃんと夕方、日の入り前くらいの時間に連れて行ってくれます。
おかげでベストな時間に景色を拝むことができるでしょう!

多依樹✕朝焼け

夕焼けスポットは老虎嘴でした。
では朝焼けは?と言うと、この多依樹です。

正直僕は老虎嘴より多依樹の方が好きでした。
老虎嘴にも負けない棚田と、それを照らす朝日。
更にはうっすらと雲もかかっていて、絶景オブ絶景を拝むことが出来ました。

朝日も綺麗でしたが、その前の時間帯の景色も素晴らしかったです。

朝、夜明け前に到着し、朝日が出てくるのを今か今かと待つ時間。
空がだんだん赤くなってきて、でもまだ太陽は出てなくて…というギリギリの時間の景色がめちゃくちゃ綺麗でした。
寒さと眠さが吹っ飛ぶくらい。
元陽に行った際は是非、多依樹の朝焼けから一日を始めてみてください!

まとめ

雲南省の絶景、いかがでしたか?
中国の自然はほんとに広大で、迫力のあるものが多いです。
また日本人にはあまり知られていないような場所が多いので、穴場感があっていいです。
行って後悔することは必ず無いと思うので、自然系の絶景が見たい方は是非!行ってみてください!
そして感想を教えてください!

旅行手配はタウンライフ旅探し!

中国のド田舎に行って絶景ハンターになりたい!」と思った方。
おそらくその人たちの中にはこういう悩みを持つ方もいるでしょう。

・行きたいけど航空券やホテルを手配するのがめんどくさい。
・ツアーを探すにしても、どのツアーが最適なのかわからない。
旅行代理店同士で値段やプラン内容を比べて考えたい。

こんな悩みを持ち、海外に行きたいけどなかなか踏ん切りがつかない!というあなたへオススメなのが、タウンライフ旅探しです。

タウンライフ旅探しは、その名の通りこちらから予算や行き先、日数などざっくりした希望を言うと、それに合ったおすすめの海外旅行プランを提案してくれます。
忙しくて旅行会社に行っている暇がないという人でも、メール、電話で楽々と問い合わせが出来るので便利です!

更に、問い合わせは無料でできます!
お金はかかりません。

お金が無いから…
忙しくて時間がなかなか作れないから…
そんな問題は、案外なんとかなるものです。
本気で海外に行きたい!という気持ちがある方、是非タウンライフ旅探しでまずは問い合わせをしてみましょう。
海外旅行に行けば、あなたの中の世界もきっと広がります!

旅行記はこちらから!

紅い棚田!東川紅土地!
東川紅土地で朝焼け!昆明で打ち上げ!
黄色い絶景!羅平の菜の花!
巨石&奇岩の迷宮!石林風景名勝区!
カラフルライトアップ!九郷の鍾乳洞!
世界遺産!老虎嘴の棚田!
朝イチの絶景!元陽・多依樹の棚田と朝日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です